ここから本文です

池江璃花子選手、小泉ファミリー、山口組組長…著名人が続々なべおさみに幻惑される理由

9/23(月) 8:01配信

デイリー新潮

「池江璃花子」に取り憑いた怪人「なべおさみ」(2/2)

 白血病で闘病中の池江璃花子選手(19)と、タレントのなべおさみ(80)の奇怪な“めぐり合い”――。「施術」「気を送る」などと称した自身の行為を、なべはこれまでも著作で紹介してきた。その人脈は政界から裏社会まで広がり、今回、吉本興業に所属するに至った背景にも、安倍首相の存在が見え隠れする。

 ***

 永田町関係者によれば、

「なべは小泉進次郎代議士とも接点がある。今年春には小泉純一郎元首相の秘書から神奈川県議になった牧島功氏の選挙の応援を進次郎氏と一緒にやっていました」

 なべの自著『スター万華鏡』では、小泉純一郎元首相の選挙を応援する場面も描かれる。小泉元首相の姉の信子さんと秘書の飯島勲氏がなべの自宅で選挙のための〈作戦会議〉をした、と本にはあるが、当の飯島氏に聞いてみると、

「何で小泉信子と私が(なべの家に)行かなきゃいけないのかね。それはあり得ないです。自分の名前を売るために人の名前を使っちゃってるだけじゃないの。私は相手にしませんよ」

 なべに“書かれた側”からの困惑の声はこれだけではない。なべの著書『やくざと芸能と』では、参議院議員・鈴木宗男氏の83年の衆院選をなべが手伝う場面が出てくる。そこで、なべの人柄について宗男議員に尋ねると、

「全く知りません。なべさんは、選挙に出る時に大変お世話になりましたけど、替え玉受験事件以降、一切連絡をとっていないので、私は全くわかりません」

“恩人”であるはずのなべについて、なぜか頑なに口を噤むのだ。宗男議員とのエピソードは同書が文庫化された時にばっさりと削られているが、逆にその際、加筆されたのが、伊達忠一・元参議院議長を巡る話だ。

「なべさんが本を書いている時期に、そういえば伊達は参議院自民党幹事長にまでなっているなと思って、書いて下さったんじゃないかと思うんです。書いて下さるのは嬉しいですよ」

 と、伊達元議長の妻。

 本の中では、2013年の参院選の際、なべが安倍総理にメールしたおかげで伊達元議長に自民党の公認が出たように書かれているが、

「それは違いますね。あの時は道議を中心に立候補希望者が主人も含めて5名いて、札幌市議や北海道議などで投票を行い、主人がトップだったので公認を得られたのです」(同)

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 8:01
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事