ここから本文です

柏レイソル、ネルシーニョ監督の 選手を鼓舞する「言葉の圧」がすごい

9/23(月) 14:37配信

webスポルティーバ

「身長の高さ」

 逆転されて敗れたあと、その差を問われた愛媛FCの川井健太監督は、そう言って会見場の笑いを誘った。そして真面目な顔に戻ると、こう続けた。

柏レイソルには「反則級」のFWが君臨する

「相手はカウンターの質が高かったです。ほぼシュートまで持ち込んでいた。自分たちも数はありましたが、シュートのひとつ前で引っかかってしまうことが多かった。精度よりも判断の差で、頭の切り替えですが、そこにはフィジカル的な強さの要素もあって、スタジアムの雰囲気も含め、作り上げてきたものに敗れました」

 川井監督は、完敗を認めている。

 では、逆転勝利を収めた柏レイソルは盤石なのか。

 9月22日、三協フロンテア柏スタジアム。台風が日本列島に近づくなか、J2で首位を走る柏は、15位の愛媛を迎えていた。戦力差は明白で、局地戦では優位に立った。ただ、攻撃は相手を引き付ける動きが少なく、コンビネーションも乏しく、散発に終わる。守備も前線のプレスは場当たり的で、中盤には広大なスペースが生まれ、サイドも後手に回り、明らかにバランスを欠いていた。不調の極みか、バックラインで不用意な横パスをかっさらわれる場面もあった。

 前半、チームとして明確な戦い方を示したのは、愛媛のほうだ。愛媛は戦力では劣るものの、戦術的に秩序のある攻守を展開。ウィングバックを起点にシャドーがスペースを突くという単純明快な攻撃で相手にダメージを与える。とりわけ、右サイドの長沼洋一が幅を作りながら、質の高いボールを入れた。

 そして前半アディショナルタイムのスローインからだった。右サイドでボールを受けた長沼が中央へドリブルで切れ込み、柏の守備ラインをかき乱し、裏へスルーパス。これに滑り込みながらFW藤本佳希が合わせ、先制点を決めた。

「前半最後に失点して、自分たちで苦しい展開にしてしまった。もっとコンパクトな守備で、相手にやりたいことをできなくさせるようにすべき。攻撃的な守備と言うか......。ただ、後半は相手が疲れてくるのはわかっていたので、焦れずにプレーしました」(柏・小林祐介)

1/3ページ

最終更新:9/23(月) 14:37
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事