ここから本文です

2019-20年秋冬トレンドはボウタイブラウスが本命 平凡に見えないアレンジ技は?

9/23(月) 14:00配信

WWD JAPAN.com

2019-20年秋冬は、ここ数年続いたストリートムードに代わって、エレガンス路線がトレンドとして復活しています。そんな中でスタイリングのアイコン的存在になりそうなのがボウタイブラウス。ボウ(リボン)を首元に飾ったブラウスのことです。クラシックな淑女ムードを漂わせるのが一般的なボウタイブラウスの着こなしですが、それだとややありきたり。ムードを変えながら賢く着回すには、レディーな雰囲気に寄せすぎない着こなしのバランス感が重要です。

【画像】2019-20年秋冬トレンドはボウタイブラウスが本命 平凡に見えないアレンジ技は?

例えば、「イエナ(IENA)」の2019-20年秋冬では、キャメル系カラーでまとめたスーツに、ボウタイブラウスを合わせました。ワントーンのコーディネートに、柄入りのボウでアクセントを加えて遊び心を盛り込んでいます。このように、レディーなムードを巧みに崩すことが、ありきたりコーデとの分かれ目となります。

今回は、古くて新しいボウタイブラウスの一味違う上手な着こなし方を、人気の国内ブランドのスタイリングから解き明かしていきます。

"パンツと合わせて、女っぽさをあえてトーンダウン"

品格レディーのシンボルともいえそうなボウタイブラウスだからこそ、女っぽくまとめすぎないのがありふれた着こなしを避けるコツ。ほぼ正反対といえるイメージの紳士風パンツを合わせると、クールに決まります。「ニアーニッポン(NEAR.NIPPON)」のルックは、首に巻いて長く垂らしたロングスカーフがキーピースです。結び目を正面から横にずらすことで、抜け感をプラス。ボトムスはあえてコーデュロイパンツを選んで、マニッシュな感覚を取り入れました。足元はウエスタンブーツを合わせて、さらにはずしています。“結び目ずらし”と“メンズはずし”の合わせ技が決まりました。

色味まで同じトーンでそろえたパンツスーツを提案したのは、「ライト(WRYHT)」。ボリュームたっぷりの大きなボウタイは、小顔に見せてくれる効果までありそうです。ジャケットの上から共布ベルトでウエストをキュッと絞ることで、くびれを演出。首元のボウとベルトの結び目が響き合います。

1/2ページ

最終更新:9/25(水) 21:20
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事