ここから本文です

日本市場を見据えたNetflixの5つのイノベーション

9/24(火) 14:49配信 有料

コンフィデンス

「日本への投資を今後も増やしていく」と語るグレッグ・ピーターズ氏(Netflixプロダクト最高責任者)

 Netflixは“新しいホームエンタテインメントの到来”をテーマに、メディアカンファレンス『NETFLIX HOUSE:TOKYO 2019』を開催。家庭における最高の視聴体験を実現するための5つのテーマにもとづくイノベーションへの取り組みを、プロダクト最高責任者のグレッグ・ピーターズ氏ほか同社キーマンが解説した。

■「NETFLIX HOUSE:TOKYO 2019」5つのセッションテーマ
1、パーソナライゼーションとUIデザイン
  <好きな作品と出合えるUIづくり>
2、動画データの軽量化でバッファリングを軽減
  <通信制限のかからないエンタメ体験へ>
3、NETFLIXをあらゆるデバイスで楽しむ
  <良い視聴体験を実現するパートナーシップの拡大と多様化>
4、高い映像・音響クオリティで作品を配信
  <リビングにシネマ体験を届ける取り組み>
5、クリエイターのビジョンを技術力で支える
  <4K HDR 手描きアニメが拓く新たなテクノロジーの開発> 本文:1,407文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込165

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:9/24(火) 14:49
コンフィデンス

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る