ここから本文です

星野源「ずっと大好き」 細野晴臣のドキュメンタリー映画でナレーション初挑戦

9/24(火) 5:01配信

KAI-YOU.net

シンガーソングライター・星野源さんが、音楽家・細野晴臣さんのデビュー50周年記念ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』の本編ナレーションを担当することが決定した。

【画像】2人が共演した横浜・中華街でのライブ

以前から細野さんの音楽に影響を受けていると公言する星野さんは、「定食で言うと、『特製ランチ』みたいな人」と細野さんの人間的な魅力を例えつつ、「生み出してきた音楽の多様性があると同時に、職人としての一本気な部分が共存している方だと思います」とコメント。

自身初のナレーションに挑戦する星野さんは11月1日(金)に公開される本作について、「普段何気なく僕たちが聞いている音楽のルーツが細野さんにあることを知ることもできます」と見どころを語っている。

星野源と細野晴臣、2人の深い関係性

俳優や文筆家としてマルチに活躍し、ワールドツアー発表やストリーミングやInstagramの解禁など、いま最も勢いのあるアーティストの1人である持つ星野源さん。

音楽家・細野晴臣さんが自身の音楽に影響を与えている人物であると公言し、以前よりラジオやライブなどでたびたび共演を果たしてきた。

8月28日に発売された細野さんのベストアルバム『HOSONO HARUOMI Compiled by HOSHINO GEN』では、その名の通り星野さんが選曲を担当している。

映画『NO SMOKING』本編には、星野さんのラジオに細野さんが出演した様子や、2人が共演したライブ「細野晴臣 A Night in Chinatown」の映像も収録。

星野さんは「ずっと細野さんが大好き。偉大な人ながらチャーミングで信じられないぐらいアーティスティック」と細野さんの魅力を語り、一方で細野さんも本編で「音楽的に受け継がれていることがある。これからは、星野君、よろしくね。あとは、よろしく」と伝えたことが明らかになっている。

音楽家・細野晴臣のキャリアを辿るドキュメンタリー

細野さんは国内外問わず多くのアーティストからリスペクトされる生けるレジェンドとして知られ、近年ではカンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞し話題を呼んだ映画『万引き家族』の音楽を担当し改めて注目を集めた。

そんな細野さんの音楽活動50周年記念映画『NO SMOKING』は、大瀧詠一さん、松本隆さん、鈴木茂さんとの出会い、はっぴいえんど結成秘話、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)でのブレイクなど、彼の音楽キャリアを辿っていくドキュメンタリー。

1980年代には松田聖子さん、中森明菜さんなどのヒット曲を数多く生み出した作曲家としてのキャリア、映画『銀河鉄道の夜』などの劇伴作家としての側面などを、当時の記録映像や細野さんへのインタビューととも振り返っている。

日本の音楽史を代表するミュージシャンでありながら、コメディやお笑いが好きで気さくな一面も。映画でも女優/モデルの水原希子さんら親しい仲間とコントに挑戦するなど、チャーミングな姿が収められている。

1/2ページ

最終更新:9/24(火) 5:01
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事