ここから本文です

天皇陛下即位祝典の奉祝曲、菅野よう子が作曲 歌唱は嵐が担当

9/24(火) 19:13配信

KAI-YOU.net

11月9日(土)に皇居前で開催される「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の祝賀式典で、奉祝曲を菅野よう子さんが作曲し、歌唱をジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・嵐が担当する。

【画像】菅野よう子『攻殻機動隊 S.A.C.』の名曲

開催場所は二重橋前特設舞台および皇居前広場。

菅野よう子の多彩な音楽

菅野さんは、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や「マクロス」シリーズ、『カウボーイビバップ』などの楽曲で知られる。

アニメ作品の音楽や主題歌をはじめ、映画やCMなど、多様なジャンルで数多くの作品を提供している日本を代表する作曲家だ。

歌唱は嵐が担当

「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」は、第1部「奉祝まつり」と第2部「祝賀式典」の2部構成。

「奉祝まつり」では全国の郷土芸能やお神輿が賑やかにくり出し、「祝賀式典」では各界の著名人からお祝いのメッセージや奉祝演奏が行われる。

奉祝まつりの総合演出を映画化の黛りんたろうさんがつとめ、菅野よう子さんは奉祝曲の作曲を担当する。

また作詞を脚本家の岡田惠和さん、ピアノ演奏をピアニストの辻井伸行さん、歌唱をアイドルグループ・嵐がつとめ、司会は谷原章介さん、有働由美子さんと発表されている。

なお、第2部の祝賀式典は、招待者・抽選による当選者のみ入場可能。一般公募で約1万人が当選する予定となっている。

和田拓也

最終更新:9/24(火) 19:16
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事