ここから本文です

春以上冬未満の程よい秋コートはビジネスマンの必須アイテム!

9/24(火) 19:00配信

FORZA STYLE

今秋狙うべきコートの条件は、ベーシックカラーです

トレンドが細分化する中にあって、注目を集めているのがベーシック。柄や色の主張を抑えたベーシックなデザインはトレンド問わず着用できるとあって、その魅力に改めてスポットが当てられています。特にこの秋冬シーズンでは、ブラウンやモノトーンといったカラーが注目されている通り、よりシックで落ち着いたアイテムに人気が集まっています。ならば、コート選びにおいても、それらを意識したセレクトを心がけたいところです。

今回ピックアップしたのは、コットンを主素材としたベーシックカラーのコート。素材感や色みでことさら主張することなく、秋のビジネススーツに良い意味でソツなくマッチしてくれるコートを厳選してみました。春コートなら色で遊ぶのもありですが、やはり秋は落ち着かせたいところ。さらりとナチュラルな風合いなら、カジュアルとの併用も可能です。

そもそもビジネスでは抑制や引き算といった観念が基本とされるだけに、ベーシック回帰の今、改めてそれを再認識する好機と言えます。

MACKINTOSH マッキントッシュ
ベーシック=退屈ではないんですビジネスにおける大定番色ダークネイビーを纏うとあって、一見するとベーシックなステンカラーコートに見えます。でも実はこれ、乗馬の際に着用することを想定した新作のホースライディングコート。チンストラップや大型のフラップポケットといった機能的なディテールが、ただのベーシックとは一線を画します。

英国らしいチェック柄のライナーは、ボタンにより着脱が可能に。裾のストラップは、乗馬の際にコートの裾がはためかないよう、足を通しておくためのものです。

GRENFELL グレンフェル
武骨なディテールも、色次第でシックに英国の老舗ブランドからは、ワックスドコットンを採用したタフな顔つきの1着を。モデル名はランバートで、クラシカルなバイカーコートからインスピレーションを得ています。チンストラップ、大型のフラップ付きポケットも武骨さを印象付けますが、色みは実にシックです。

Valstar ヴァルスター
今むしろ新しい、100年前トレンチの復刻版ヴァルスタリーノでお馴染みの老舗ミラノ発ブランドの1着は、1920年代のアーカイブを復刻させたもの。ご覧の通りトレンチコートで、ディテールだけでなく厚手のギャバジン地まで当時を再現しています。ゆったりしたシルエットもその一つですが、こちらはむしろ今っぽいですよね。

ASPESI アスペジ
オンオフ兼用ベーシックコートといえば、やっぱりコレ定番展開するステンカラーコートは、ポリエステル×ナイロン生地の採用で軽い着心地が魅力。取り外し可能なライナーはサーモア社製の中綿入りなので、急に冷えることもある秋の夜も安心です。装飾性を省いたシンプルなデザインに加え、製品染めによるパッカリングがカジュアルにもマッチします。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Model : Isao Takahashi(FORZAR)
Text:Masafumi Yasuoka

最終更新:9/26(木) 11:06
FORZA STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事