ここから本文です

香川がもたらす「最も重要なもの」は? サラゴサ関係者が力説「君もたくさん見ただろう」

9/24(火) 17:20配信

Football ZONE web

【現地発】サラゴサの街を覆い尽くす背番号「23」の「SHINJI KAGAWA」ユニフォーム

 レアル・サラゴサの日本代表MF香川真司は現地時間21日、スペイン2部リーグ第7節でルーゴと対戦し、ホームで0-0と引き分けた。前節で今季2得点目を奪った香川は6試合連続で先発を飾り、トップ下でチャンスを演出したものの、チームがネットを揺らすには至らなかった。一方でクラブ関係者は、今夏に加入した香川はサラゴサにもたらした最も大事なものについて語っている。

【写真】サラゴサ香川、エストレマドゥーラ戦ゴールの決定的瞬間&歓喜のゴールパフォーマンス

 試合前、ある人物と待ち合わせをしていた。サラゴサの本拠地ラ・ロマレーダに隣接しているオフィシャルショップの前で落ち合うことになっていたが、待っている間、サポーターたちからは「シンジ! シンジ!」と怒涛のように声を掛けられた。40分後にキックオフを控えている段階で、現れたのはクラブの広報部長、カルロス・アロンツ氏だ。

 この日はカルロス氏に挨拶した後、チケットを購入し試合を観戦する予定でいたが、「こちらにどうぞ!」とスタジアムの中へと案内された。メインスタンドのど真ん中に一席設けられており、「君のために用意した席だ、まずは試合を楽しんでいってくれ! 終了後に迎えにくるよ」と握手を交わして去っていった。ちょうど同じタイミングでウォームアップに香川がピッチへと登場すると、スタンドを真っ白に埋め尽くすサポーターが“シンジコール”と共に万雷の拍手を送っていた。

 試合はサラゴサが主導権を握る展開となるも、ルーゴの牙城を崩し切ることができず、スコアレスドローで痛み分けに。ゴール裏への挨拶を終え、悔しげな表情を浮かべた香川がピッチを去ったタイミングでカルロス氏がやってきて、「スタジアムを紹介するよ!」と促された。そして、関係者入り口の階段を下ると、選手たちが戦いを終えたばかりのピッチが目の前に拡がっていた。

「シンジがこのピッチに立つだけで、サポーターの応援は熱を帯びるんだ。それだけじゃない。このクラブの若手選手も羨望の眼差しで走る彼を眺めているよ」と、カルロス氏はピッチを見回しながら説明した。サラゴサで最も売れているユニフォームは誰か尋ねると、「君の求めているとおりの答えになるだろう。シンジだ。断トツでね」と笑顔で答えた。

1/2ページ

最終更新:9/24(火) 19:28
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事