ここから本文です

Jリーグ、来季J1全試合にVAR導入を決定。合計321試合でビデオ判定へ

9/24(火) 19:11配信

フットボールチャンネル

 Jリーグは24日、同日に開催した理事会において、2020シーズンのJリーグ公式戦合計321試合にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を導入することが承認されたとして発表を行った。

【動画】J1ポジション別ベストプレーヤー

 VARが導入されるのは明治安田生命J1リーグの全306試合、スーパーカップの1試合、リーグカップのノックアウトステージの全13試合、J1参入プレーオフ決定戦の1試合。J2やJ3、リーグカップのグループステージは対象外となる。

 試合のビデオ映像を用いて主審の判定を助けるVARは世界のサッカー界で導入が進められ、Jリーグでも段階的に各種テストや試験導入が行われてきた。今季はすでにYBCルヴァンカップ(リーグカップ)の準々決勝8試合でVARが使用されたほか、今後行われる同大会の準決勝と決勝、J1参入プレーオフ決定戦でも使用が予定されている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/24(火) 19:11
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事