ここから本文です

加藤綾子 EXILEを恋人に選んだ背景に、『ベンジャー』として恐れられた学生時代

9/25(水) 21:21配信

週刊女性PRIME

 『週刊文春』で報じられた加藤綾子とEXILEのパフォーマー兼、三代目J SOUL BROTHERSのリーダーNAOTOとの熱愛。

【写真】ドラマの打ち上げで竹内涼真にピッタリ密着するカトパン

 あまりに“降って湧いた感”の強い組み合わせに、世間も驚きでひっくり返っていることだろう。

 周囲に「35歳までには結婚して出産したい」と漏らしているというカトパン、そんな彼女がNAOTOと“スイスの5つ星ホテル”に宿泊していたというエピソードとともに打たれたタイトルはズバリ、『ヨーロッパ「婚前旅行」』である。

 ネットニュースのコメント欄には《意外すぎる》という声とともに、

《カトパンはプロ野球選手とか実業家を狙っているのかと思った……》

《医者や野球選手じゃないのが、意外な感じした》

 といった発言も多々見られた。

怒りを飛び越える“驚き”

 確かに、かつてカトパンの熱愛相手として報道されてきたのは'13年に西武ライオンズ野手だった片岡治大、翌年のダルビッシュ有であったりと野球選手が多かったのは事実。清楚系で明るく長年“人気No.1女子アナ”の座に君臨しながら、いわゆる“ザ・芸能人”との熱愛も報じられてこなかったこともネットニュースの「意外!」の声を集めているゆえんかもしれない。

 言われてみればダンサーより実業家との熱愛のほうがイメージどおりな気もしてくる(ビジュアル的にNAOTOは“若手ベンチャー社長”っぽくみえなくもないけど……)。

 その一方で、NAOTOのファンは突然の熱愛発覚に怒り心頭……なのかと思いきや、こちらも世間と同じく『驚き』が勝(まさ)った反応のほうが多かった。

 彼はこれまで週刊誌などで熱愛がいっさい報じられてこなかった。それがいきなりいくつものハードルを飛び越えて「婚前旅行」っていうのだから、目の前が真っ暗になるのも無理はない。

 あまりに不意打ちでボロボロになったファン心理にさらに追い打ちをかけたのが『文春』に両人の所属事務所が、

《プライベートは本人に任せております。いいお付き合いをさせていただいていると聞いております》

 とコメントしたことだ。NAOTOファンからすれば、

「そろって同じ文を出して“打ち合わせ済みです”みたいなノリ出すのやめてー! そしてお願いだからコメントは“お友達のひとりだと聞いております”とかにしといてーー!(泣)」

 といった心境だろう。カトパンを叩きたくてもあまりの不意打ちと追加攻撃により、『驚きで固まる』ことしかできなかったのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:10/4(金) 16:12
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事