ここから本文です

新生ヴォルフスブルクに再興の兆しが――【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

9/25(水) 22:13配信 有料

SOCCER DIGEST Web

久しぶりに熱狂に包まれたシーズン最終戦のスタンド

昨年6月にスポーツ部門トップに就任し、規律と指針をもたらしたシュマツケ。自身の考えと共鳴するグラスナー新監督を迎え、さらなる躍進に向け余念がない。(C) Getty Images

 2年連続で昇格/降格プレーオフに回るなど不甲斐ない戦いを続けてきたヴォルフスブルクが昨シーズン、6位に食い込む大躍進を遂げた。新たにグラスナーを監督に迎えた元王者に再興の兆しが――。(文:ルドガー・シュルツェ/訳:安藤正純 2019年9月5日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載)

―――◆―――◆―――

 昨シーズンの最終節、フォルクスワーゲン・アレーナは割れんばかりの大歓声に包まれていた。この日、ホームのVfLヴォルフスブルクは攻撃陣が大爆発し、FCアウクスブルクを8―1と一蹴。8ゴールはブンデスリーガ1部でのクラブ最多得点記録であり、この勝利によって6位に滑り込んだチームは、見事にヨーロッパリーグ(EL)の出場権を手に入れた。

 それにしても、ヴォルフスブルクの試合がこれほどの熱狂に包まれたのはいつ以来だろうか。絶対王者バイエ 本文:4,792文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:9/25(水) 22:13
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ