ここから本文です

マジョルカ久保、ポスト2回直撃の“初得点未遂”が反響拡大 「アトレチコ陣内でミラクル!」

9/26(木) 11:40配信

Football ZONE web

後半2分、PA内で右足シュートを放つもポストと相手GKオブラクに阻まれてノーゴール

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間25日のリーガ・エスパニョーラ第6節アトレチコ・マドリード戦(0-2)で初先発フル出場を果たした。後半2分にはポスト直撃の一撃を放って相手ゴールを脅かしたが、海外メディアは「アトレチコ陣内でミラクル!」「ほぼ同点に変えた」と“リーガ初得点未遂”の反響が広がっている。

【動画】「アトレチコ陣内でミラクル!」と現地熱狂 久保建英、反響拡大のポスト2度直撃シュート

 久保は4-1-4-1の右サイドハーフでスタート。序盤はボールを触る機会も多く、右サイドからドリブルを仕掛ける姿も何度か見られた。しかし、前半26分にセットプレー崩れからアトレチコのスペイン代表FWジエゴ・コスタに先制ヘッド弾を決められてリードを許す。

 前半30分に一度はPKの判定が下った場面は、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による映像確認の末、アトレチコのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスがハンドを取られてPK取り消しとなったが、マジョルカはフェリックスとコスタの強力2トップを中心とした攻撃に苦しめられる。

 1点ビハインドで迎えた後半2分、久保に最大の見せ場が訪れる。自陣でボールを拾った久保は、MFサルバ・セビージャとのワンツーを交えながらドリブルで持ち上がり、右サイドを駆け上がってきたMFダニ・ロドリゲスに展開。そのままペナルティーエリア内に侵入し、ダニ・ロドリゲスのスルーパスに右足を振り抜いた。

 シュートはアトレチコのモンテネグロ代表DFステファン・サビッチの左足をかすめてゴールへ。ボールは右ポストを直撃して跳ね返り、スロベニア代表GKヤン・オブラクの臀部にヒット。ボールは浮き上がって再び右ポストを直撃し、オブラクも左手を伸ばすが弾き切れずゴールライン方向に飛んだが、回り込んだコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスに間一髪のところでクリアされて久保のリーガ初ゴールはならなかった。

 スポーツ専門局「ESPN」アルゼンチン版は、ポストに2度当たった久保の一撃を受け、「アトレチコ陣内でミラクル! 久保がフィニッシュするも、オブラクとポストが0点にセーブ」と速報。同局内の番組「スポーツ・センター」公式ツイッターも、「日本の宝石・久保がアトレチコ戦でマジョルカをほぼ同点に変えた」とレポートしている。

 0-2でアトレチコに敗れたマジョルカはリーグ戦5試合連続勝利なしと苦しい状況が続く。久保は初先発を機にポジションを奪い、チームを勝利に導けるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 11:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事