ここから本文です

優勝を果たした巨人。MVPを挙げるなら打者は坂本勇人、投手は山口俊だ【堀内恒夫の多事正論】

9/27(金) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

リーグ制覇の原動力となった坂本[写真上]、山口[写真下]/写真=BBM

 何がうれしいかって、この原稿が締め切りに間に合ったことだ。古巣の巨人が5年ぶりにリーグ優勝。自宅でテレビ観戦だったが、それを見届けて、1分もたっていない。話題は超ホットだ。終盤へ来て少しもたついたから、担当者などは「まだ分かりませんよ」と言い続けていたけど、私は8月上旬には優勝を確信していたよ。

 ターニングポイントになった試合があった。8月9日のヤクルト戦(東京ドーム)だ。巨人は先発の今村信貴が3回途中6失点でKOされ、4回表を終わって0対7とリードされた。追い上げはしたが、5回表、8回表にも1点を取られて5対9。「勝負はあった」と観念した。しかし、そこから驚異的な粘りを見せた。ゲレーロのソロ、岡本和真の3ランで追いつき、延長10回、亀井善行の犠飛でサヨナラ勝ちした。シーズンを分けたポイントがあるとするならあの試合だ。

 これで波に乗らなければウソだと思った。だが、巨人はそれでも波に乗れなかった・・・ 本文:1,263文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/27(金) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る