ここから本文です

『なつぞら』第156話では、なつ(広瀬すず)と泰樹(草刈正雄)が靖枝(大原櫻子)を手伝う

2019/9/27(金) 8:21配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。9月28日放送の最終回・第156話では、なつ(広瀬すず)と泰樹(草刈正雄)が靖枝(大原櫻子)を手伝う。

【写真】夫婦仲よしの照男(清原翔)と砂良(北乃きい)

 十勝を嵐が襲い、牛舎が停電してしまった第155話。第156話では、泥沼と化した天陽(吉沢亮)の畑で、靖枝(大原櫻子)たちが使えそうなジャガイモを掘り起こしており、なつと泰樹も手伝う。照男(清原翔)と砂良(北乃きい)も散らかった小屋で落胆していたが、再び一からやり直すことを決意。一方、坂場(中川大志)は、麻子(貫地谷しほり)から次回作についての電話を受ける。再び、皆日常の中でせわしなく自分の道を切り拓いていくのだった。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、中川大志、岡田将生、井浦新、染谷将太、渡辺麻友、川島明、比嘉愛未、貫地谷しほりらがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:2019/9/27(金) 8:21
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事