ここから本文です

強まるトランプ政権によるFRB批判 非多数派機関としての中央銀行

9/27(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年10月5日号> FRB(米連邦準備制度理事会)は9月、7月に続いて2度目の利下げを実施した。市場は「本当に金融緩和が必要なほど経済は減速しているのか」という疑問を抱きつつ、この数カ月間、FRBの行動を注視してきた。「世界経済の先行き不透明感への保険」というのがFRBの公式見解だが、それとは別に、トランプ政権からの圧力がこの行動に影響しているとの見方も有力である。 本文:1,363文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

森田 長太郎 :SMBC日興証券 チーフ金利ストラテジスト

最終更新:9/27(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ