ここから本文です

東電の隠蔽ぶりを暴く!【緊急対談】古賀茂明×元東京電力原発炉心技術者・木村俊雄「原発は津波の前に壊れていた」

9/27(金) 14:30配信

週プレNEWS

元東電の原発炉心技術者である木村俊雄氏が『文藝春秋』9月号にて発表したあるリポートが話題を呼んでいる。それは、「3・11の福島第一原発1号機が壊れたのは津波の前だった」という衝撃的なものだった。

それ以来、ネット上などで原発メルトダウンの原因は津波ではなかったと話題に。しかし、実際のところは? ということで今回、原発問題を追い続けてきた古賀茂明氏が木村氏を直撃!

■「東電はアホだ」
古賀茂明(以下、古賀) 『文藝春秋』9月号に掲載された木村さんの記事を読みました。福島第一原発事故が津波でなく、その前の地震によって起こされた可能性があると指摘する内容で、とても大切な記事だと感じました。世間の関心も高くて、「この記事は重要だ」とツイッターでつぶやくと、あっという間にリツイートが8000件、「いいね」にいたっては1万件を超えたほどでした。

木村俊雄(以下、木村) もともとオレは、東電で「炉心屋」と呼ばれる原発の専門家でしたから。

古賀 それで、福島第一原発の事故原因に興味を持ったんですね。

木村 事故は地震発生から41分後の午後3時27分にやって来た想定外の大津波で電源を喪失し、原子炉の冷却機能が失われたためというのが東電の説明だけど、「炉心屋」としてその言い分がどうしても腑(ふ)に落ちなくて......。

古賀 どこに違和感を?

木村 福島第一原発で起きたメルトダウンのような重大事故を検証するには、炉心の状態を示すデータの評価が不可欠。特に、炉心の中の水の流れを示す「炉心流量データ」は重要です。

ところが、「国会事故調」「政府事故調」「民間事故調」「東電事故調」と、福島第一原発事故を調査する委員会は4つもあるのに、どの事故調も炉心流量データに基づいた検証を行なっていない。おかしいでしょ?

それで調べてみたら、東電がそのデータをひた隠しにし、4つの事故調にも一切正式に開示していないことに気づいたんです。これではどの事故調も炉心流量データの検証ができなかったのは当然です。

そこで2013年7月に記者会見を開き、東電にデータ開示を迫ったんですが、「すべてのデータを開示した」の一点張りでまったく対応しようとしない。

古賀 ただ、その後、データを手に入れたんですよね。どうやって入手したんですか?

1/5ページ

最終更新:9/27(金) 14:30
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事