ここから本文です

西武・森友哉選手の進化【立浪和義の超野球論】

9/28(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

非凡な打撃センス

9月11日のソフトバンク戦[メットライフ]での決勝打

 ソフトバンクと熾烈な優勝争いを演じた西武ですが、MVPの有力候補となるのが、捕手の森友哉選手です。

 9月18日現在、打率.336、22本塁打、101打点をマーク。パ・リーグの首位打者争いでもトップにいます。プロ6年目で規定打席到達は2年目の15年と昨年だけですが、1年目から打率.275をマークし、通算でも.300。大阪桐蔭高時代からバッティングセンスには非凡なものがありましたが、プロでも着実に成長しています。

 身長170センチと決して上背があるタイプではありませんが、スイングはややアッパー気味ながら力強く、基本どおりインサイドから出て、体近くで回す理想的なスイングになっています。しっかり引き付けて自分のタイミングで打つことができていますし、下半身を柔らかく使い、ステップを踏むまでに・・・ 本文:922文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/28(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る