ここから本文です

ルカクを襲った「カルチョの暗部」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

9/29(日) 21:25配信 有料

SOCCER DIGEST Web

インテルのウルトラス集団は公開書簡でありえない主張を

PKを沈めた後のルカクは、モンキーチャントを浴びせてきたカリアリのゴール裏をギロリと睨んだ。イタリアの忌まわしき現実がカルチョ新参者を襲った。(C) Getty Images

 インテルに新加入したロメル・ルカクを襲ったのが、「カルチョの暗部」だった。相手ウルトラスからモンキーチャントを浴び、しかも味方のウルトラスがそれを容認。人種差別問題がイタリアから消える日は来るのか…。(文:マウリツィオ・クロゼッティ/訳:片野道郎 2019年9月19日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)

―――◆―――◆―――

 またも人種差別問題がカルチョの世界を揺るがしている。今回の舞台は9月1日のサルデーニャ島。セリエA2節のカリアリ対インテル・ミラノ戦だった。1―1で迎えた72分、ロメル・ルカクがPKを蹴ろうとしたその瞬間、ホーム側のゴール裏からモンキーチャントが降り注いだのだ。

 残念ながら、黒人選手に対するこうした人種差別行為は、今なおイタリアのスタジアムで繰り返され続けている。なかでもカリアリはタチ 本文:3,876文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:9/29(日) 21:25
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る