ここから本文です

主力のトレードを容認したバルサ指揮官。決断を下せない監督などもはや…【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

9/29(日) 21:49配信 有料

SOCCER DIGEST Web

バルサの混迷ぶりを表わす今夏のネイマール移籍騒動

リーダーにもっとも重要な決断するという仕事を、クラブに委ねてしまったバルベルデ。売却候補に挙がったラキティッチやデンベレらの信頼を取り戻せるのか。(C) Getty Images

 この夏バルサはネイマールの獲得に奔走し、失敗した。そして批判の矛先はバルベルデに向けられている。言われるがまま主力のトレードを容認した指揮官に。自分で決断する覚悟を持たない監督などもはや監督ではない。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2019年9月19日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載)

―――◆―――◆―――

 ラ・リーガの2019―2020シーズンが開幕し、いきなり王者バルセロナが不振に喘いでいる。エースのリオネル・メッシが怪我で出遅れた影響は明らかだ。

 しかしながら、バルサは突然迷走したわけではない。

 2012年にジョゼップ・グアルディオラが監督を退任して以降、緩やかに失速してきた。そしてようやくその弱体ぶりが、だれの目にも明らかなレベルにまで到達したというわけだ。

 2010年にサンドロ・ロセイ、 本文:2,560文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:9/29(日) 21:49
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る