ここから本文です

俺の昔のドライバーで飛ばない金属バットの研究を?【川口和久のスクリューボール】

10/1(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

元プロを投手コーチに

今回の甲子園の奥川恭伸[星稜高]は500球以内でセーフらしい

 まだ優勝決定の前だったが、巨人戦の解説に行ったら、高木京介が近づいてきた。

 なんか文句を言われるのかと思ったら、

「川口さん、ありがとうございます!週ベに書いていただいて、うれしいです!」

 お世辞で書いたわけじゃない。京介の活躍は今年の巨人にとって大きかったと思うよ。

 優勝決定試合でも、京介をはじめ、大竹寛も、ついでに澤村拓一と、以前、このコラムに登場した選手たちがいい仕事をした。原辰徳監督、巨人ナインのみんなおめでとう! 原さん、もらい泣きしそうでした。

 実は巨人優勝の翌日がゴルフコンペで、その前夜に書いているんだが、今回は少し自信がある。新しいカーボンのドライバーを買って飛距離が伸びたんだ。ゴルフのクラブの進化は本当にすごい。50歳代後半でも飛距離が伸びるんだからね。

 では本題。今週はアマチュアの話を書こう。

 将来の日本のプロ野球を担う高校野球が変わろうとしている。1週間で500球の球数制限が決まりそうだ。

 いいことだと思うが、500球の制限をすれば、故障しないというわけじゃない。休養や球数以前に、投手の技術の問題がある。甲子園を見ていても“危ない”投げ方をしている子はたくさんいる。

 投手の肩、ヒジが壊れやすいフォームは、ある程度、経験があれば・・・ 本文:1,521文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/1(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る