ここから本文です

女優・常盤貴子さん47歳の人生の転機「古着もTシャツも似合わなくなったとき」

2019/10/1(火) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

これまで大きくプライベートを語ることがなく、ミステリアスなイメージに包まれていた女優の常盤貴子さん。今月発売された初のエッセイ集『まばたきのおもひで』では、喫茶店巡りが趣味であること、大好きだった古着が似合わなくなってきたことなど、ほっこりとした素顔が垣間見えるエピソードを多数披露しています。現在47歳。年齢との向き合い方、これからの生き方についても伺いました。

常盤貴子さんのインタビューカット フォトギャラリー

 常盤貴子
1972年4月30日生まれ。神奈川県出身。1991年に女優デビュー。『愛していると言ってくれ』、『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』、『グッドワイフ』(すべてTBS)など、多数の主演ドラマが社会現象になるほどのヒット。『20世紀少年』、『野のなななのか』、『だれかの木琴』など多くの映画にも出演。ほか、CMや舞台、ナレーションなど活動は多岐にわたる。Instagram:@takakotokiwa_official

 

初めてのエッセイでは自分の脳内をさらけ出しました

ーー常盤さんというと、今までミステリアスなイメージが強かったんですけど、今回のエッセイから素顔が垣間見えました。

たしかに読んでくださった方からは、「普段のイメージとは全く違う」とよく言われました。ここまで脳内をさらけ出すってインスタですらやらないですし、インタビューでも自分の全てを話し切れるものでもないですもんね。「本当に自由に書いていいよ」という場だからこそ出てきた、普段私がボーッとしているときに考えるどうでもいいことがいっぱい詰まっています(笑)。

ーーとくに、言われた中で印象に残っている言葉はありますか?

「そうやって見るんだ!?」というのはよく言われましたね。同じものを見ていたのに全然見ているところが違った、とか。たとえば新潟県の長岡市で錦鯉を見たエピソードがあるんですけど、一緒に行った方に「隣でそんなことを考えていたとは思いもしませんでした」と言われました。

ーーご自分で自覚は?

よくインタビューでお話していると、「常盤さんの面白さをもっと伝えた方がいいですよ」と言われることもあるんですが、「いやいや、女優に面白さいらないでしょ」と笑い合ったりはしていました。他の女優さんとかがあまり言わないことをたまに言ったりしているのかなあ、と薄々は感じていたんですけど、個性の強い人だらけな芸能界においては、別に言うほどのこともないので「まあこれも個性の一つですかね」ぐらいの意識でした。

1/5ページ

最終更新:2019/12/17(火) 18:12
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ