ここから本文です

WBC編1 難航した選手選考【大島康徳の負くっか魂!!第124回】

10/2(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

突然の電話

福岡ドームでの僕とイチロー[右]。彼とのエピソードについては次号でまた

 9月12日、いつもよりちょっとおしゃれをして東京ドームに出掛けました。今は巨人だけですが、かつては日本ハムの本拠地でもあり、僕が選手、監督として過ごした球場でもあります。札幌ドームに比べたら空席だらけで歓声もまばらでしたが、熱心に応援してくださるお客さんはたくさんいました。

 この日は、日本ハムにとって東京ドームでの今季最終戦でしたが、僕が行ったのは解説の仕事ではなく、日本ハム・田中賢介の引退“サプライズ”セレモニーのためです。

 賢介は、僕が監督として初めて臨んだドラフト会議、1999年秋に指名した選手です。2位で3球団が競合し、僕が交渉権を引き当てました。あのときのうれしさは、今も覚えています。

 試合前に花束贈呈をさせていただき、後日、日本ハム球団さんから写真も送っていただきました。いい写真です! 男前です、大島……じゃなくて、賢介が、いや賢介も、にしておきましょう。私の宝物が増えました。ありがとうございます。

 ただな、賢介。そのときも言ったが、今からだって「やめたの、や~めた!」って言ってもいいんだぞ。もったいないよ!

 お忘れになった人もいるかもしれませんが、このコラムのメーンテーマは僕の半生記、いわば「大島康徳的大河ドラマ」でしたが、こちらはペナントレース同様、佳境に入っていきます。ただ、ドラマやペナントレースと違って、劇的な最終回があるわけではありません。僕とナオミさん、2人の息子、そして祭……。大島家の日常は、ずっと続いていきます。(ナオミさん=愛しの妻。祭=13歳トイプードル♂)

 数号前、2002年オフ、僕が日本ハム監督をやめたところまで書きました。そこからは、また解説者となったのですが、2005年某日、突然、電話が・・・ 本文:2,597文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/2(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る