ここから本文です

成宮寛貴、『相棒』で俳優活動再開決定 水谷豊の働きかけも

10/2(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 芸能界を引退した成宮寛貴(37才)が、テレビ朝日系ドラマ『相棒』で芸能界に復帰することが決まった。

【別写真】水谷豊が妻、娘とギュッと寄り添って歩くプライベート姿

 放送開始から20年目の節目を迎えた『相棒』。水谷豊(67才)演じる杉下右京の相棒役の反町隆史(45才)もすっかり定着し、盤石の安定感を誇る。加えて、10月9日スタートの新シリーズ「シーズン18」は、かつてない力の入れようだという。

「“映画並みのスケール”を目指し、局をあげて盛り上げています。制作費も莫大で、初回は『テレビ朝日開局60周年記念スペシャル』と銘打っていて特に豪華。ゲスト出演者に船越英一郎さん(59才)を迎え、北海道で2週間にわたって大型ロケを敢行したそうです。ドローンを飛ばして雄大な自然を一面に映し出すなど、まさに映画レベルのスケールです」(テレ朝関係者)

『相棒』は、ゲスト出演者がビッグなことでも知られている。特に、シーズンの初回や正月などのスペシャル版では大物俳優が登場し、ファンを沸かせてきた。実は、今シーズンでは初回以外に、驚きのゲストが予定されている。相棒史上最大といえるサプライズ──。

成宮寛貴の復帰だ。

 成宮は、3代目相棒の“カイト”こと甲斐亨役としてシーズン11~13(2012~2015年)に出演。水谷とのコンビがファンに高い人気を誇り、『相棒』を卒業後もさまざまなドラマで活躍してきた。しかし、2016年12月に写真誌で違法薬物の使用疑惑などが報じられると、芸能界引退を発表。所属事務所も辞め、日本を離れた。

「引退後、成宮さんはオランダの大都市で生活していたそうです。海外にいながら単発の仕事ができないか模索していましたが、なかなか仕事もなく、貯金を切り崩しながら雑居ビルの一室でひっそりと暮らしていたのだとか。近所に住んでいる日本人のラーメン店主がお腹をすかせた成宮さんにラーメンを振る舞うなど、生活のサポートをしていたと聞いています」(芸能関係者)

 現在、成宮はすでに日本に帰国。インスタグラムで近況を報告しているほか、9月には本名の「平宮博重」名義で公式サイトを開設した。マグカップなど自身がプロデュースした商品を販売し活動を始めているが、俳優としても再出発を果たすというのだ。

1/2ページ

最終更新:10/2(水) 17:08
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事