ここから本文です

ザルツブルク南野、昨季王者リバプール相手の大活躍でCL“今節のベスト11”に堂々選出

10/3(木) 22:39配信

Football ZONE web

試合にこそ敗れるもリバプール相手に1得点1アシストを挙げて強烈なインパクトを残す

 ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は、現地時間2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節リバプール(イングランド)戦で1ゴール1アシストをマーク。試合には3-4で敗れたものの、昨季王者を慌てさせた活躍が評価され、CL選出の“今節のベスト11”に選出された。

【動画】“日韓ホットライン”から豪快ボレー弾! ザルツブルク南野拓実、王者リバプール相手にCL初ゴール

 ザルツブルクは前半だけで3失点を喫する厳しい展開。それでも同39分に韓国代表FWファン・ヒチャンの一撃で1点を返すと、1-3で迎えた後半11分、左サイドからのクロスに南野が右足ダイレクトボレーで合わせて鮮やかにゴールネットを揺らした。南野はさらに、直後の同15分には右サイドを突破し、FWエルリング・ブラウト・ホランドの同点弾をアシストした。

 最終的にはエジプト代表FWモハメド・サラーに決勝点を奪われ、3-4で惜敗したが、難攻不落の要塞として知られるアンフィールドで、ホームチームをあと一歩のところまで追い詰めた南野は、世界に大きなインパクトを与えた。

 ザルツブルク公式インスタグタムは3日、「タキ(南野の愛称)がUEFAチャンピオンズリーグの“プレーヤー・オブ・ザ・ウィーク”に」と投稿。画像のフォーメーション図には、トットナム戦で2ゴールを挙げたバイエルンFWロベルト・レバンドフスキ、ザルツブルク戦で2アシストのリバプールFWロベルト・フィルミーノとともに、3トップの一角に選出されている。

 データ分析会社「オプタ」によれば、CLでゴールとアシストを1試合で記録したのは日本人選手としては3人目、前年覇者相手に決めたのは初の快挙だったという南野。また一つ新たな勲章を手にした。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/3(木) 22:41
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事