ここから本文です

NS400R、RZV500R、RG500Γ……1980年代WGPの盛り上がりがきっかけとなった 2スト大排気量モデルの再登場

10/4(金) 11:40配信

モーサイ

欧州向けの’79年型スズキGT750(水冷3気筒。なお2サイクル空冷3気筒のカワサキ・マッハシリーズは、’77年型KH500が最終モデル)を最後に、量産車市場から姿を消していた2サイクルビッグマルチ。
世界各国の排出ガス規制が厳しくなっていく中、2サイクルビッグマルチの時代は二度と訪れない、というのが当時のライダーの一般的な認識だったのだ。

【関連記事】RG400/500Γ、NS400R、RZV500Rの乗り味は? 乗り比べ座談会!

だからと言って、2サイクルファンの望みがなくなったわけではなかった。

と言うのも、RZV500RとRG400/500ΓとNS400Rがデビューする直前の’80年代前半と言えば、ケニー・ロバーツやフレディ・スペンサーを筆頭とするアメリカンライダーの活躍によって、世界グランプリが史上空前と言えるほどの盛り上がりを見せていた時代である。

WGP人気で再燃した2ストスポーツモデル

そこで活躍するレーサーのレプリカを欲する声が高まってくるのは当然の成り行きで、その声にこたえるべく生まれた、’80年型RZ250/350(市販レーサーTZ直系の2サイクルツインを搭載)、’83年型RG250Γ(RG500Γの技術を随所に投入した国産初のアルミフレーム車)は、消えかかっていた2サイクルスポーツモデルの火を再燃させただけではなく、後のレプリカブームを牽引(けんいん)する大ヒットモデルとなった。

となれば、さらにレプリカ度を高めた排気量拡大版が登場してくるのも自然な成り行きで、当時のライダーの多くは、新世代2サイクルビッグマルチはGP500レーサーと歩調を合わせるように、今後も着実に発展していくと思ったはずだが……。

しかし、残念ながらそうはならなかった。
結果的にNS400R、RZV500R、RG500Γ/RG400Rなどの大排気量2ストモデルがわずか数年で消え去った原因には、「一般のライダーには扱い切れなかった」、「海外市場での受けがいまひとつだった」、「ビッグバイク=4サイクルの認識を覆せなかった」など諸説があり、真偽のほどは定かではない。
だが、いずれにしても、ヤマハ、スズキ、ホンダの3メーカーにとって、2サイクルビッグマルチは継続するべき必然性を持ったモデルではなかったのだろう。

ただし、そういったメーカーの思惑はともかく、前述したケニーやフレディに加えて、エディ・ローソン、平忠彦、バリー・シーン、ランディ・マモラ、マルコ・ルッキネリ、フランコ・ウンチーニ、片山敬済、水谷勝といった往年の名選手にあこがれたライダーにとって、RZV500R、RG400/500Γ、NS400Rの3機種は、誕生から三十数年を経た現在でも特別な存在であり続けている。

モーターサイクルの世界から2サイクルエンジンが消滅しかかっていることを含めて考えれば、どんな最新機種を持ってきても替えが利かないモデル。
それが’80年代中盤に生まれた2サイクルビッグマルチなのだ。

最終更新:10/4(金) 11:48
モーサイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事