ここから本文です

<スカーレット>富田靖子、戸田恵梨香の印象を「共演は初めてですが……好き!です」<インタビュー>

10/5(土) 8:15配信

ザテレビジョン

戸田恵梨香がヒロインを演じる連続テレビ小説「スカーレット」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】喜美子(川島夕空)らのピンチに現れたのは…

同ドラマは、高度成長期時代の滋賀・信楽(しがらき)を舞台に、男性ばかりの世界をがむしゃらな強さと持ち前の明るさで生き抜く女性陶芸家・喜美子(戸田)の姿を描く。

第1週(9月30日[月]~10月5日[土])の放送では、喜美子(川島夕空)が病弱な母・マツ(富田靖子)を助けるため、幼い妹の世話や家事にいそしむ姿が放送された。

しつけに厳しい父・常治(北村一輝)と対照的に、喜美子を気遣い、穏やかな愛情と笑顔で優しく見守る姿が印象的なマツを演じる、富田に役柄についてや撮影の感想などを聞いた。

――今回、「スカーレット」に出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

長期間の撮影はほぼ初めてといってもいいぐらいだったので、心の中で「やるぞ!」と決めるまでにすごく時間がかかりました。以前出演した連続テレビ小説「あさが来た」(2015年9月~2016年4月)のときは、私の地元・九州の言葉を使う役だったので迷いもなかったのですが、今回は大阪のことばで話す役。自分が使っていない言葉を長期間使うということで、「迷惑かけるだろうな」「テンポよく撮影を進めることができるだろうか」という不安もあったので、決断までに時間はかかりました。

不安はあったのですが、それでもやろうと決めたのは、やはり“朝ドラ”の魅力だと思います。どんなに大変でつらいとしても、最初から最後まで演じてみたい!と思いました。

出演が決まったころには、まだ連続テレビ小説「まんぷく」(2018年10月~2019年3月)が放送されていたので、毎朝「まんぷく」を見ながら大阪ことばの練習をして、前もって準備をしていたつもりではありました。それでもなかなか難しかったり、ことば指導の先生のお手本が聞き取れなかったり……。

でも、こうして撮影を進めていくと、自分が聞き取れない音というのがあるということがだんだんわかってきて、それに伴って対処法も覚えてきました。ことば指導の先生のおかげなのですが、「これで終わりにしましょう」「これ以上やると混乱するから本番までやらなくていいです」など、うまくアドバイスしてくださっています(笑)。本当にありがたいなぁと思います。

■ 富田靖子、マツは「どこか情熱的な部分も秘めている」

――ご自身の役柄についての印象や、役のここに注目してほしいという点はありますか?

マツはどうやら、お嬢さん育ちだったのかなという感じがあります。育ちはよかったのですが、北村一輝さん演じる常治と出会い、恋に落ち、現在に至る……という感じなんです(笑)。

お嬢さん育ちですが、どこか情熱的な部分も秘めているのかなとも思います。基本的には、穏やかでおっとりしているお母さんで、 子どもたちのほうがしっかりしていて、子どもたちに教わっているようなお母さんじゃないかなと思います。

おっとりしていたり、ぼ~っとしていたりというところもあるのですが、どんなシーンが来ても自由に動けるようにしたくて、イメージをガチガチに固めすぎないように、振り幅を持たせることを心がけています。

――撮影に参加されてみて、現場の印象は

戸田恵梨香さんとの共演は初めてですが……好き!です。一緒にやっていてときめきますし、楽しいです。危ないですね、この発言(笑)。でも、好き(ハート)。

関西のことばで演じるシーンも、喜美子とのシーンではあまり考えなくても言葉がスッと出てきます。あまりなにも考えなくてもお母さんでいられるし、肩ひじ張ることもなく、楽な気持ちで、リラックスしてお芝居ができます。

■ 富田靖子「生きざまを見て応援していただけたらなと思います」

――最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

戦後まもなくは、女性が職業を持って人生を全うするということはなかなか難しかったと思うんです。その中で娘の喜美子が、女性としていろいろな体験をして、どんな道を進んでいくのか。

彼女は好きなことを見つけて、仕事を持って、いろいろな選択をしながら、「スカーレット」のドラマを突き進んでいきますその生きざまを見て応援していただけたらなと思います。

■ 第2週(10月7日[月]~10月11日[金]放送)のあらすじ

家族と一緒に信楽に引っ越してきた喜美子。半年が過ぎ、不在の父・常治を訪ねて、大阪から二人組の借金取りがやってくる。母・マツとともに立ち向かう喜美子。

借金取りを怒らせてしまうが、間一髪で草間宗一郎(佐藤隆太)の柔道によって助けられる。それをきっかけに喜美子たち信楽の子供たちは、柔道を習うことに。貧しいながらも明るくたくましい、喜美子の毎日が過ぎていく。

5年後、喜美子(戸田恵梨香)は15歳となり、中学卒業を控えていた。相変わらず絵が得意で、成績は良いものの、高校に進むことは常治が許さない。喜美子には苦しい家計を支えることが求められていた。

照子(大島優子)の家である、丸熊陶業に就職するはずだったが、直前に断られてしまう。今後を思い、落ち込む喜美子。すかさず常治が喜美子のために見つけてきた新たな仕事先は、故郷の大阪だった。

喜美子は驚くが、きっぱりと受け入れる。卒業式の後、喜美子は照子と信作(林遣都)と、最後の楽しい時間を過ごす。信楽を去りたくない思いがこみあげるが、大阪行きは避けられない。旅立ちの前日、夕日の美しい山の上で喜美子は、信楽焼のカケラを見つける。(ザテレビジョン)

最終更新:10/5(土) 8:15
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事