ここから本文です

【お金を増やすのは貯金だけじゃダメですか!?】よくある“投資”の誤解

10/6(日) 20:21配信

with online

お金の運用はキャンブルではありません!

投資してお金を運用するのって、かっこいいけどちょっとコワい。「私には関係ないでしょ」なんて思っているうちに、周りの子は始めてるかも!? まずは勉強してみませんか?

近い将来に使いそうなお金は貯金で確実に貯めて、遠い将来のためのお金は投資してみるのもいいかな……でも、最初の一歩がなかなか踏み出せない! みんなのギモン・不安にファイナンシャルプランナーの深田さんが答えます。

■アドバイス/深田晶恵さん(ファイナンシャル・プランナー)
(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電機メーカー勤務を経てFPに転身。個人向けのコンサルティングのほか、各メディアで活躍中。自他ともに認めるお酒好き。

まずは「投資」のよくある誤解をみてみましょう

「毎日忙しいし、とにかく難しいことは無理!!」
「投資って、株とか? リスクありそうで怖い~」

“投資”と聞いて、こんなふうに思う人も多いはず。けれど深田さんによると、毎日チェックする必要もなく、長期に渡って少しずつ買えば、リスク減らせるといいます。

みんなが考えがちな「投資」に関するよくある誤解から見てみましょう!

【誤解 1】株、投資信託、債券に金……??? 投資ってそもそも何?

投資とは、自分がお金を出した金額以上に増えて返ってくることを期待して(減る可能性もある)、金融商品にお金を投じること。

一方、預けたお金が増えることはなく(今は)、減る心配もないのが預金です。

【誤解 2】投資ってギャンブルでしょ。株価が暴落したら一文ナシ!!?

増える可能性もあれば、元本割れで損をすることもあります。投資にもいろいろあり、リスクが高いFXなどに手を出してはダメ。自分が許容できるリスクの範囲で運用すれば、大丈夫です。

【誤解 3】上がったり下がったり…… 24時間、相場をチェックするヒマとかないし

投資が本職の仕事ではないのだから、そんなに頻繁にチェックしなくても大丈夫。投資信託などは細かな値動きを気にせず、長い期間かけて積み立てることがリスクの分散にもなります。

【誤解 4】お金がたくさんないとできないんじゃ?

投資というと、資産のある人がするイメージがあるかもしれませんが、月に数千円から始められるので、誰にでもできます。そうは言っても、貯金ゼロの人は投資よりもまず貯金を優先!

【誤解 5】も、もし儲かったら億万長者になれちゃう??

宝くじやギャンブルではないので、そんな夢のようなことは起きません。逆に言えば、「ものすごく儲かった」という商品はリスクが高く危険! 絶対に避けること。仮想通貨などがその例です。

最終更新:10/6(日) 20:21
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事