ここから本文です

15歳トルソワ、驚異の4回転4本着氷 米の“4回転キング”チェンも仰天「驚愕した」

10/6(日) 16:33配信

THE ANSWER

驚異の才能を発揮したトルソワ、母国メディア「ザギトワを追い越した」

 フィギュアスケートのジャパン・オープンは5日、女子フリーは今季シニアデビューの15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がISU非公認大会ながら女子では史上初となる、3種類の4回転ジャンプを4本着氷させ、160.53点で1位。欧州チームの優勝に貢献した。才能あふれる15歳の驚異的な結果に、母国メディアも驚きを隠せない様子だ。

【動画】「彼女は4回転マシーンだ」と衝撃! 観客もしばらく我に返ることできず…トルソワが決めた“4回転連発”の実際の一部始終

 何度も驚かせてくれる。15歳トルソワが、今度は日本で衝撃を残した。冒頭で4回転サルコーを決めると、続いては高い4回転ルッツを成功。4回転―3回転の連続トウループに、後半にも4回転トウループからの連続ジャンプを着氷させた。4回転を4本決める、圧巻というほかはない演技だ。

 海を渡り、母国メディアも日本でトルソワが起こした“事件”に驚きを隠せない様子だ。ロシアメディア「gazeta.ru」は「さらにもうひとつの4回転ジャンプ。どのようにして日本でトルソワがザギトワを上回ったか」のタイトルで記事を展開。「『驚愕した』――トルソワが4回転ジャンプをもう一つ加えてジャパン・オープンでザギトワを追い越した」と続け、衝撃の大きさを伝えている。

 記事では、トルソワを「ロシアのロケット」と表現。ザギトワを上回り、男子の世界王者ネイサン・チェンを驚かせたと報じている。

チェンも反応「『驚愕した!』とだけ書き込んだ」

 同メディアによると、トルソワは先月のネペラメモリアルのフリーで3度、4回転ジャンプを成功させ、2つの世界新記録を打ち立てシニアデビューを飾ったが、さらに今大会で4回転サルコーも加えて、跳んだことに驚愕をつづっている。

 さらに「こういったジャンプのバリエーションを、多種類の4回転ジャンプを愛することで有名なアメリカの神童ネイサン・チェンが評価した。彼はジャパン・オープンでトルソワの演技に感銘を受け、自身のインスタグラムに彼女の4回転ルッツと4回転サルコーの映像を投稿し、そこに『驚愕した!』と書き込んだ」と続け、チェンがSNS上でトルソワのジャンプに仰天していた様子も伝えている。

 2位のザギトワ、3位の紀平梨花という昨季までの女子をけん引してきた2人のスターを、一気に追い抜き、輝かしいシニアデビューを飾ったトルソワ。このニューヒロインが、2019-20シーズンの女子フィギュア界の主役を務めることになりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/7(月) 8:52
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事