ここから本文です

貧困女子19歳、歌舞伎町の出会い喫茶で暮らす24時間に密着

10/6(日) 8:54配信

週刊SPA!

 女性の貧困が問題になって久しい。貧しくて、若さの価値を知る女性たちの中には、己を切り売りしようと盛り場に流れ着く人もいる。

⇒【写真】歌舞伎町で暮らす愛華さんの食生活は…

 記者は「歌舞伎町の出会い喫茶で暮らしている」とSNSに書き込む本間愛華さん(仮名・19歳)にコンタクトをとり、24時間に密着させてもらった。

歌舞伎町から出ないで過ごす女子に密着24時

 警視庁の発表によると、平成30年に警視庁管内で保護された未成年の家出少年・少女数は517人に上る。
 神奈川県西部から家出してきたという愛華さんの朝は、午前9時、歌舞伎町一番街から始まる。

「2か月前に家出してきて、まだ歌舞伎町から出てないかも(笑)。午前中は出会い喫茶で時間を潰して、携帯を充電したりするよ」

 まだ開店まで1時間あるが「ほかにすることもないし」と、店の前に座り込む愛華さん。うつむいたまま携帯を眺め、じっと開店を待つ。一番乗りで店内に入ると、お気に入りの椅子に座り漫画を読みふけった。

「出会い喫茶は、ネイルもメイク道具も揃っててタダ。座っていれば男が連れ出してくれて、ご飯とカネをもらえる。何もしないで稼げるとかマジ、パラダイスっしょ」

SNSで相方を募り相席居酒屋で食べ放題

 出会い喫茶では、女性を店外へ連れ出す際の謝礼として5000円程度のカネのやり取りがある。一日3万円以上稼ぐ女性もいるが、愛華さんの稼ぎは多くて一日5000円程度。月に5万~6万円しか稼げていないのだが「欲しいものもないし、一日生きれる額で十分」と、危機感はない。

 ランチは逃したものの午後2時、営業風のサラリーマンに誘われ店外へ。午後4時には「カラオケ行ったけど充電が切れそうでイライラしたわ~」と、また出会い喫茶に戻ってきた。

 そして仕事帰りのサラリーマンが街に溢れる午後7時、愛華さんは一人で店外へ出た。SNSで知り合ったみちょぱ似の18歳の女性とともに、相席系居酒屋へ繰り出すという。

「夕飯ゴチしてくれる男がいないときは、相席居酒屋に食べ放題しに行くっス。女は一人じゃ入店できないから、相方をSNSで募集するんスよ。ツイッターでつぶやけば、秒で相方が見つかる。
 けど、食べてばっかで人の話を聞かないからクレームが出て、常連だった店を出禁になっちゃった(笑)」

 何を食べるかで盛り上がる2人が向かったのは、やはり歌舞伎町の店。「お腹いっぱぁ~い!」と出てきたのは、午後10時を過ぎた頃だった。

 女性を見送ると「夜なのに暑いから」と、再び出会い喫茶へ。

 朝から夜まで快適に過ごせるとはいえ、閉店する24時以降は何をして過ごすのだろうか。

1/2ページ

最終更新:10/6(日) 8:54
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事