ここから本文です

前澤友作氏が振り返る、高校時代に起こした「小さな革命」

10/7(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 ネット衣料通販大手ZOZOがヤフーに買収され、創業者である前澤友作氏(43)は社長を退任した。億単位の現代アートや高級車を買いまくり、月旅行をぶち上げ、人気女優と堂々交際するなど、耳目を集める言動で常に注目を集めてきた前澤氏だが、どのようにして今の立場や考え方に至ったのか。「嫌われたくないんですよ、ホントは好かれたいんです」──意外な一言から、プロインタビュアー・吉田豪氏による“深彫りインタビュー”は始まった。

【写真】教師にも嫌われたと語る前澤氏

──いろいろなところで叩かれる、こういう有名税的な状況にはいつごろ慣れたんですか?

前澤:有名税……だけど、昔から煙たがられるような言動も多かったので、よく言われてましたよ。

──でも、バンド時代にはさすがにないわけじゃないですか。

前澤:いやいや、よく言われてましたよ。すぐ音楽性を変えるもんで、ファンのことを考えてないとかって叩かれたこともあるし。昔から、なんか変わらなきゃとふと思ったり、今の音楽に飽きちゃったりすると、どんどん遠慮なく音楽も変えていってしまうタイプなので。ありがたいことにファンも多かったですけど、アンチで、批判する人も昔から多かったですね。

──じゃあある意味、慣れてはいる。

前澤:慣れてます。学校の先生にもめっちゃ嫌われていましたし。

──それは基本、言うことを聞かないからですか?

前澤:言うことを聞かないし、きっとグサッと傷つくようなことを大人に対しても言っちゃうんですよ。「生き方がカッコよくない」とか(笑)。昔から人に刺さる言葉をついつい。

──当然、大半の教師はカチンときて。

前澤:それはきますよね、生徒にそんなことを言われたら。

──多少の反省はあるんですか? 間違ってなかった?

前澤:いや……間違ってないですね(笑)。やっぱり子供が最初に働いている大人を見るのって先生じゃないですか、だから先生にはカッコよくあってほしいんですよって、よく先生にも言ってました。

1/3ページ

最終更新:10/7(月) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事