ここから本文です

加藤和樹さん、“罪悪感ゼロのおやつ”と言われる「ブリスボール」に挑戦!

10/7(月) 7:00配信

家庭画報.com

歌手・俳優・声優の加藤和樹さんが、料理研究家・中村奈津子先生に今回教えていただくのは、そのヘルシーさから“罪悪感ゼロのおやつ”と言われる「ブリスボール」です。加藤さんが大きな手でぎゅぎゅっと作る、女子力アップ間違いなしのお洒落&簡単スイーツに、乞うご期待!

・加藤和樹さん、取材の舞台裏も

オーストラリア生まれの“罪悪感ゼロ”なおやつ

中村奈津子先生(以下、敬称略):今回は「ブリスボール」を作ります。

加藤和樹さん(以下、敬称略):よろしくお願いします。僕にとっては前回の「ブンチャ」に続いて、初めて耳にする料理名。見た目はトリュフチョコみたいなのに、持つと結構ずっしりと重量感がありますね。

中村:材料はグルテンフリーの自然素材で、しかも砂糖も動物性油脂も不使用。さらに加熱なしで作れてしまうオーストラリアで生まれたヘルシーな簡単おやつです。“罪悪感ゼロのおやつ”なんて言われていて、食に対する意識が高い人たちの間で人気なんですよ。

グルテンフリー、砂糖&動物性油脂も不使用!

加藤:おお~! そんなスーパーおやつがあるとは!

中村:ただし、“エナジーボール”と呼ばれることもあるほどカロリーは高いので、そこは注意が必要です。

加藤:わかりました。でもその分、疲れには効きそうですね。

材料も作り方もとてもシンプル

中村:では早速、作りましょう。といっても本当に簡単なんです。材料は、ドライフルーツとナッツ類と穀類。それをほぼ同量ずつ合わせてバーミックスで混ぜて丸めるだけなので。

加藤:ドライフルーツはどんなものを入れるんですか?

中村:いちじく、ナツメ、プルーン……なんでもいいですよ。今日はデーツ(なつめやし)のセミドライを使います。種が大きいので、最初にとっておきましょう。

材料選びのポイントはありますか?

加藤:ナッツは何を?

中村:アーモンド、カシューナッツ、カカオ、ごま、松の実など、ローストしてあるナッツなら何でもOK。そこに穀類……私はいつもオーツ麦を使っているんですが、それを入れてバーミックスにかけます。

加藤:バーミックスか。これがあると料理のレパートリーがぐんと広がりそうですね。

中村:便利ですよ。これも、うちの料理教室で勧めているもののひとつです。具材をつぶしながら混ぜられて、洗うのも簡単ですよ。

1/3ページ

最終更新:10/8(火) 12:23
家庭画報.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事