ここから本文です

初コンビの穂積絵莉/内藤祐希がダブルス優勝 [女子テニス]

10/7(月) 9:00配信

テニスマガジンONLINE

 ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「サンタ マルゲリータ ディ プーラ」(ITFワールドテニスツアーW25/イタリア・サンタ マルゲリータ ディ プーラ/9月30日~10月6日/賞金総額2.5万ドル/クレーコート)の女子ダブルス決勝で、第3シードの穂積絵莉(日本住宅ローン)/内藤祐希(亀田製菓)が第1シードのアミナ・アンシバ(ロシア)/アナスタシア・デジウツ(チェコ)を6-4 7-6(1)で倒し、優勝を果たした。試合時間は1時間58分。

2019年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 穂積と内藤は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。穂積が内島萌夏(フリー)とのコンビで臨んだ2月の京都(W60/室内カーペットコート)、内藤は村松千裕(グラムスリー)と組んだ7月のトリノ(W25/クレーコート)に続き、ともに今季のITFツアーのダブルスで2勝目を挙げた。

 今大会での穂積/内藤は、初戦となった準々決勝でマルティナ・ビアジャンティ/メラニア・デライ(ともにイタリア)を7-6(2) 6-2で、準決勝ではガブリエラ・セ/パウラ クリスティーナ・ゴンサルベス(ともにブラジル)を6-4 6-2で下して決勝進出を決めていた。

 同会場で行われた前週の大会を制していた内藤はシングルスに第5シードで出場していたが、1回戦で予選勝者のアンジェリカ・モラテッリ(イタリア)に6-7(6) 6-1 2-6で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

<日本人選手の結果>

■女子シングルス1回戦

●25内藤祐希(亀田製菓)[5] 6-7(6) 6-1 2-6 ○26アンジェリカ・モラテッリ(イタリア)[Q]

■女子ダブルス決勝

○12穂積絵莉/内藤祐希(日本住宅ローン/亀田製菓)[3] 6-4 7-6(1) ●1アミナ・アンシバ/アナスタシア・デジウツ(ロシア/チェコ)[1]

■女子ダブルス準決勝

○12穂積絵莉/内藤祐希(日本住宅ローン/亀田製菓)[3] 6-4 6-2 ●16ガブリエラ・セ/パウラ クリスティーナ・ゴンサルベス(ブラジル)[2]

■女子ダブルス準々決勝

○12穂積絵莉/内藤祐希(日本住宅ローン/亀田製菓)[3] 7-6(2) 6-2 ●10マルティナ・ビアジャンティ/メラニア・デライ(イタリア)

■女子ダブルス1回戦

12穂積絵莉/内藤祐希(日本住宅ローン/亀田製菓)[3] Bye

最終更新:10/7(月) 9:00
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事