ここから本文です

ロータスも参入、3億円に迫る電動ハイパーカー「エヴァイヤ」の恐るべきパフォーマンス

10/7(月) 12:11配信

WIRED.jp

多くの自動車メーカーが、世界で最もパワフルな電気自動車(EV)の量産に意欲を示している。ロータスの新しいハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」も、そのひとつだ。エヴァイヤはロータス初のEVであり、同社初のハイパーカーでもある。そして、価格はなんと200万ポンド(約2億6,000万円)からで、2020年に130台限定で生産が始まる。

【動画・画像】ロータスのEVハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」をもっとみる

ロータスによると、エヴァイヤは非現実的なコンセプトカーではない。その目的は世間に注目されるためでもなければ、ハイパーEVを投入することで競合他社を驚かせるためでもないという。もちろん、ロータスの創業者であるコーリン・チャップマンを墓の中で憤慨させる目的もない。

重量1,680kgを目標に開発されているエヴァイヤは、フライ級といえる軽量スポーツカーの「エリーゼ」と比べると、一見するとずんぐりしているように見える。だが、競合する電動ハイパーカーの大半と比べると軽量だ。

安心してほしいのは、チャップマンの哲学である「simplify, then add lightness(単純化せよ。そこに“軽さ”を加えよ)」という発想は、いまも英国のヘセルにあるロータスの本社でいまも生きていることだ。ロータスは、ボルボやポールスターも傘下に収める中国の浙江吉利控股集団(ジーリー)から多額の出資を受けたいま、とうとう大々的に電動ハイパーカーを世に出す資金を得たのである。

ブガッティより優れた加速性能

エヴァイヤはどれほどパワフルなのか。最高出力は2,000馬力、最大トルクは1,700Nm、加速は時速186マイル(同約300km)まで9秒未満という驚異的な速さで、ブガッティのシロンより5秒も速い。

このほかにもエヴァイヤは、スーパーカーに求められる一般的な条件を満たしている。時速62マイル(同約100km)まで3秒未満で加速し、最高速度は時速200マイル(同約320km)を超え、目標とする最大航続距離はWLTP基準で250マイル(約400km)だ。

ロータスは、EVのF1ともいえる「フォーミュラE」で使用されるバッテリーのメーカーであるWilliams Advanced Engineeringと提携している。バッテリー容量は70kWhで重量は680kgで、バッテリーパックはテスラ車のように床下ではなく、2シーターの座席の後ろ、つまり通常はエンジンを置く場所に収められている。

そしてモーターを前後の車軸に各2つ、合計4つを搭載している。このモーターによってトルクヴェクタリング機能が作動し、4輪に駆動力と制動力を分配する。ホイールは軽量のマグネシウム製だ。

モーターを座席の背後に置く設計は重心に影響するかもしれないが、床や座席の位置、屋根を低くできたうえ、地上高を105mmまで下げている。さらに設計者は、21世紀のスーパーカーの空間としては最も魅力的といえる空間をつくることができた。

1/3ページ

最終更新:10/7(月) 12:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事