ここから本文です

朝は口内細菌がいっぱい…5秒でできる「舌磨き」デトックス

10/7(月) 12:02配信

ウィメンズヘルス

眠っている間は、唾液が少なくなるため、口内の細菌が爆発的に増加するって知ってな? さらには老廃物も溜まり、起床時には口腔内の細菌数は糞便の10倍にもなるとか……。アーユルヴェーダでは、朝起きてすぐの舌磨きをすすめています。
それは寝ている間に増えたばい菌を、水など飲んだりしてまた体内に戻さないため。
朝、起きたらすぐ、舌を磨く習慣を身につけましょう。

【写真】歯科医考案「毒出しうがい」でクリーンな口を簡単キープ

寝ている間に上がってくる未消化物

「いますぐ人に舌を見せられますか? 舌についた白っぽいものを舌苔(ゼッタイ)と言います。
これは前の日などに食べたものがうまく消化できないでいた『未消化物』が舌まで上がってきたもの。歯ブラシなどではなかなか取れず、口臭の原因にもなってしまいます。」

誰もが驚く使いやすさ!アーユルヴェーダの「タングスクレーパー」

「インドで数千年も前から使われてきた舌磨き、『タングスクレーパー』。銅や銀、時には金など金属を使ったU字状のヘラなのですが、これが本当に名品。

絶対にオエっとならずに、3~5回舌の上を滑らせるだけで舌苔がペロッと取れてしまうんです。

かなり薄いので、舌を傷つけそうな形状に見えますが、一度使ったらもう他のものは使えません。

たとえ断食した翌日でも、なぜか舌についてくる舌苔を、タングスクレーパーで毎朝5秒!デトックスの習慣にしましょう。

味覚が敏感になるので、ジャンクフードが食べられなくなる人も続出しています。」

監修:アーユルヴェーダ・アドバイザー、ARYURVIST三野村なつめ
コピーライターとして数々のCM企画・制作に携わる一方でアーユルヴェーダと出会う。その奥深さと実践しやすく、体調がどんどん良くなるところにハマり、南インドやスリランカを数度訪れた後アーユルヴェーダ・ライフスタイルアドバイザーの資格を取得。コスメブランド「AYURIVST」やレシピとスパイスがセットになった「整えごはん」を立ち上げる。

最終更新:10/7(月) 12:02
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事