ここから本文です

【J1採点&寸評】C大阪0-1鹿島|狙い通りのセットプレー!「鹿島らしさ」発揮で首位浮上&7戦負けなし

10/7(月) 6:50配信

SOCCER DIGEST Web

C大阪――ACL出場権が遠のく1敗に

[J1リーグ28節]C大阪0-1鹿島/10月6日(日)/ヤンマースタジアム長居

【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
6試合ぶりの黒星で連勝を「5」で止められ、鹿島に試合巧者ぶりを見せつけられる結果となった。警戒していたはずの開始早々に失点し、その後はチャンスを作りながらも決めきれない展開。優勝争い、そしてACL出場権獲得が遠のく1敗を喫した。

【ハイライト動画】カリスマホストも登場したC大阪vs鹿島戦!

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
ピンチは少なく、90分間を通して安定した動きを見せていただけに早々の失点が悔やまれる。

DF
2 松田 陸 6
攻守にそつのない働きをしていた。90分には右サイドから絶妙なクロスを送った。

22 マテイ・ヨニッチ 5.5
先制された場面では、町田の折り返しに対して飛び込んできた犬飼に対応しきれなかった。
 
3 木本恭生 5.5
4分のFKに対するクリアを大きく前に蹴ることができず、ここから失点につながっていった。

14 丸橋祐介 5.5(38分OUT)
セルジーニョを警戒しつつ攻撃参加も見せていたが、接触プレーで腰か脇腹あたりを痛めて負傷交代。

MF
7 水沼宏太 5.5
右サイドに張って受ける場面が多かったが、いつもよりクロスの精度が低かった印象。

5 藤田直之 6
最終ラインに落ちるなど工夫しながらボール支配には成功。後半はもう少し押し上げたかった。

C大阪――ソウザは攻撃面で絶大な存在感を示す

MF
11 ソウザ 6.5
13分に絶妙なスルーパスで決定機を演出。両チーム最多タイのシュート3本を放つなど個が光った。

8 柿谷曜一朗 5.5(58分OUT)
13分にソウザのスルーパスでGKとの1対1を迎えながら、仕留めきれず。結果に大きく響いた。

FW
20 ブルーノ・メンデス 5.5
キープ力やチャンスメークで存在感を見せていたが、17分と41分の決定機を決めたかった。

25 奧埜博亮 5.5(75分OUT)
2トップの一角でシュート1本は寂しい。58分からは左MFに入るも、75分に途中交代。
 
交代出場
DF
29 舩木 翔 6(38分IN)
緊急出場ながら無難な働き。ただ、縦への仕掛けなどもう少し積極性があっても良かった。

FW
18 鈴木孝司 5.5(58分IN)
2トップの一角として高い位置でボールを収めるも、ゴール前で勝負するシーンはなかった。

FW
13 高木俊幸 5.5(75分IN)
縦への仕掛け、松田へのサイドチェンジでチャンスメーク。最後のトラップミスは痛かった。

監督
ロティーナ 6
鹿島を分析した上でチャンスは生み出した。ただ、決定力不足を露呈し、早い交代策で打開を試みるも1点が遠かった。

1/2ページ

最終更新:10/7(月) 6:50
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事