ここから本文です

香川の2大ソウルフード讃岐うどんと骨付鳥を人気店で!名勝も巡るまんぷく旅

10/7(月) 17:00配信

ウォーカープラス

讃岐うどんと並び、香川県民に愛され続けている骨付鳥。2つの名物料理を香川の名勝やアートスポットと共に楽しもう!<※情報は関西ウォーカー(2019年21号)より>

【写真を見る】「骨付鳥(ひな)」(880円、通年注文可)。鶏脂でこんがりと焼き、秘伝のタレとハーブで味付け/蘭丸 本店

■ 好みの具をのせダシをかけツルツルうどんを味わおう!

「がもううどん」は、うどんを受け取り、スープや薬味、具などを自分で丼に入れるセルフスタイルのうどん店。1~3玉からうどんの量を選び、麺の冷やか熱を決めれば注文OK。表面は柔らかく、中にしっかりコシがある本場の讃岐うどんを堪能!

少し甘めの揚げとダシとの相性も抜群。冷たいダシでもOK。

■がもううどん<住所:香川県坂出市加茂町420-1 電話:0877-48-0409 時間:8:30~14:00、土曜祝日8:30~13:00 ※麺がなくなり次第終了 休み:日月 ※臨時休業あり 席数:8席 タバコ:禁煙 駐車場:54台(無料)>

■ 肉汁があふれ出す骨付鳥に豪快にかぶりつこう!

「蘭丸 本店」では、名物の骨付鳥のほか、讃岐牛や瀬戸内海の刺身など香川の味が楽しめる。骨付鳥は卵を産む前の鶏を使った肉の柔らかい「ひな」と、しっかりとした歯応えが魅力の卵を産んだあとの鶏の「おや」の2種類あり。食べ比べてみよう。

皮はパリパリ、肉は柔らかくジューシーな骨付鳥!

■蘭丸 本店<住所:香川県高松市大工町7-4 電話:087-821-8405 時間:18:00~24:00(LO23:00) 休み:不定休 席数:45席 タバコ:喫煙可 駐車場:近隣の有料駐車場を利用

■ 日本最大の文化財庭園の散策と一緒に

「栗林公園」は、高松藩藩主松平家の別邸として、歴代藩主が修築を重ね300年近く前に完成。国の特別名勝に指定されている文化財庭園のなかで、日本最大の広さを誇っている。6つの池と13の築山が配された、変化に富んだ庭園美を楽しもう。

江戸時代から続く坂出の老舗「八十場のところてん」と香川の銘茶「高瀬茶」を使ったあんみつ。

■ガーデンカフェ栗林<電話:087-813-0870 時間:10:00~16:00 休み:月曜(祝日の場合翌日)>

■栗林公園<住所:香川県高松市栗林町1-20-16 電話:087-833-7411 時間:9月5:30~18:30、10月6:00~17:30 休み:なし 料金:入園料(410円) 駐車場:62台(100円/25分)>

(関西ウォーカー・編集部)

最終更新:10/7(月) 17:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事