ここから本文です

木村拓哉、福士蒼汰や横浜流星、中川大志らに対戦相手にもかかわらずアドバイスで視聴熱第3位に<グランメゾン東京>

10/7(月) 18:40配信

ザテレビジョン

WEBサイト ザテレビジョンでは、10月6日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】明治神宮外苑競技場で学徒出陣の壮行会が行われた「いだてん」が第1位!

1位「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)19976pt

10月6日に第38回「長いお別れ」を放送。嘉納(役所広司)の死によって、求心力を失う五輪組織委員会。さらに、日中戦争が長期化するなか、1940年の東京オリンピック開催への反発は厳しさを増していく。追い詰められたIOC委員の副島(塚本晋也)は招致返上を提案するが、嘉納に夢を託された田畑(阿部サダヲ)は激しく葛藤する。

その頃、四三(中村勘九郎)の弟子・小松(仲野太賀)は、りく(杉咲花)と結婚するが、戦争が2人の将来に立ちはだかる。

ついに戦争の描写が色濃くなった本話。東京オリンピック開催は返上し、1941(昭和16)年に太平洋戦争が勃発。その2年後、学徒出陣で小松が出征することに。

学徒出陣の壮行会が行われたのは、皮肉にも嘉納がオリンピックのために建設した明治神宮外苑競技場。収容人数4万人とされた競技場に、学徒3万人、見送りの人々がスタンドに5万人という状況に、田畑は「こんなに入るんだったら、オリンピックできたじゃないか、ばかやろうめ!…オリンピックやっていれば…こんなことには」と涙を浮かべてつぶやいた。そして、田畑はオリンピックをこの競技場で必ずやると誓いを新たにした。

人々の「ばんざ~い」という言葉が悲しく響いた本話は、戦争が与える苦しみを視聴者に強く印象付けた。

2位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)4685pt

田中圭主演で2018年~6月に放送された連続ドラマ。女好きだがまったくモテない33歳の春田(田中)を巡り、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”・黒澤(吉田鋼太郎)と、イケメンでドSな後輩・牧(林遣都)の恋愛模様が描かれ、大反響となった。8月23日より、その続編である映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」がロングラン上映中。

そして、11月2日(土)からは新作「おっさんずラブ-in the sky-」(毎週土曜夜11:15-0:05)がスタートする。

35歳にしてリストラにあい、転職して航空会社で新人CA(客室乗務員)として働くことになった、モテないポンコツ独身男・春田(田中)に、技術、人柄ともに優れたパイロット・黒澤(吉田)がいつの間にかうっかり恋をしてしまう(!?)という展開。

副操縦士の成瀬竜役で千葉雄大、謎多き熱血整備士・四宮要役で戸次重幸が、新たにラブバトルに参戦する。

10月5日に公式アカウントに新作のポスター撮影に挑む田中の写真が公開された。ピンクのシャツ&ネクタイというCAの制服を着た田中に、「かっこいい」「このビジュアルでモテない設定、無理ないかしら」といったコメントが寄せられ、引き続き注目されている。

3位「グランメゾン東京」(10月20日[日]スタート、毎週日曜夜9:00-9:54※初回は夜9:00-10:19、TBS系)4302pt

10月20日(日)スタートの木村拓哉主演ドラマ。慢心からすべてを失ったフランス料理のシェフ・尾花夏樹(木村)が、女性シェフの早見倫子(鈴木京香)と共に世界最高の三つ星レストラン作りに挑む。

10月6日は、特番「関口宏の東京フレンドパーク2019」に、木村、鈴木、そして尾花のパリ時代の同僚・京野陸太郎を演じる沢村一樹が出演。同じく10月スタートのTBS系ドラマに出演する波瑠、福士蒼汰らとチーム戦で勝負を繰り広げた。

「グランメゾン東京」チームは残念ながら優勝は逃してしまったが、木村が映画「無限の住人」で共演した福士や、横浜流星、中川大志に、チーム関係なしに応援したり、アドバイスしたりする姿が話題になった。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

最終更新:10/7(月) 18:40
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ