ここから本文です

米国株の中で“連続増配が10年以上”で、業績も好調な「高配当株」2銘柄を紹介! 連続増配57年目の「コカ・コーラ」、連続増配13年目の「デューク・エナジー」に注目

10/7(月) 21:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 米国株の高配当株のうち、「安定した収益を出している大企業」で、「10年以上も連続増配中」の2大条件を満たす注目株は「コカ・コーラ(KO)」と「デューク・エナジー(DUK)」! 

【詳細画像または表】

 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、別冊付録「いま買いの『米国株』100」が付いてくる!  この付録では、米国株の強みを紹介するほか、「大型優良株」「高配当株」「10倍株」などのジャンル別に、注目銘柄を合計100種類も取り上げているので、日本株だけでなく米国株にも投資したい人は必見だ。

 今回は別冊付録の中から「連続増配が10年以上」で、業績も堅調な「高配当株」の2銘柄を抜粋!  株主還元に積極的な銘柄の多い米国株の中でも、安心して長期保有できる「連続増配&高利回り」な銘柄を紹介しよう! 
【※関連記事はこちら! 】
⇒配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」に投資すべき!?  50年以上の連続増配株が約30銘柄もある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説! 

業界を代表する大企業で、安定した収益を出しており、
なおかつ増配を10年以上続けている「高配当株」が狙い目! 
 米国には、株主還元に積極的な企業が多いため、高配当株もゴロゴロ転がっている。さらに今は、米国の高配当株に投資すると、高利回りと値上がり益がダブルで狙えるチャンス。なぜなら、景気停滞の影響で、世界各国の中央銀行が利下げを行っており、利回り狙いの資金が「国債」などの債券から、安定した収益力がある高配当株へ流入しているからだ。

 その好例が、世界最大の一般消費財メーカーであるP&G(ティッカーシンボル:PG)。配当利回りは高かったものの、IT企業などに比べて収益力が低く、2014年以降、株価は横ばいが続いていた。しかし、経営改善などで収益力が上向き、2018年5月から上昇トレンドに。その株価上昇力は非常に強く、2018年末にNYダウが急落したときでも、大きくは下げていない。安定した収益力が評価され、世界中の投資家から買われたからだ。

 もちろん、米国の高配当株がすべて良いというわけではない。米国在住のマンハッタン・グローバル・フィナンシャルの森崇さんは、次のように話す。

 「高配当株の中には、新たな投資に値するような成長事業を持っていないため、配当を出しているだけという企業もあります。そういった企業は将来的には減配するリスクがある。これを避けるには、安定した収益を継続して上げている、業界を代表する企業を選ぶべきです」

 さらに、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博さんは、「10年以上、増配が続いているかどうかもチェックすべき」と指摘する。

 「高配当株はグローバル企業が多いため、NYダウなどの下落時に連動して売られる株も。ですが、そういった局面は、連続増配株を買うチャンス。増配が10年以上続くような収益が安定している企業は、急落時に買いたいという投資家が多く、株価がいち早く回復する可能性が高いからです」

 米国には、何年にもわたって連続増配しているような銘柄も多く、そういった企業は機関投資家、個人投資家を問わず人気がある。業界を代表する大企業ほど、配当を減らしたり潰れたりするリスクは低いので、規模と歴史を銘柄選びの条件の一つにしていきたい。
【※関連記事はこちら! 】
⇒外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ! おすすめの証券会社はココだ! 

半世紀以上も連続し続ける高配当株の代名詞「コカ・コーラ」と、
堅調な内需系企業の代表「デューク・エナジー」に注目! 
 ここからは、「安定した収益を出している大企業」で、さらに「10年以上も連続増配中」という条件を満たす2銘柄を紹介していこう。

 まずは、なんと57年もの間、連続増配を続けているコカ・コーラ(ティッカーシンボル:KO)。

 コカ・コーラは、ノンアルコールで世界最大の飲料メーカー。圧倒的なブランド力に加え、優秀な経営力で業績拡大が続く。北米の輸送コストや原材料費の上昇、外国の通貨安に悩まされているが、北米では価格転嫁に成功。消費者の糖質制限志向などを早くから察知しており、「ゼロコーラ」などの糖分ゼロドリンクも売上が伸びている。また、50億ドル(約5600億円)で、英国のカフェチェーンのコスタ・コーヒーを買収。コーヒー系やエナジードリンクの拡充施策も打ち出している。長年増配が続くが、今後も堅調な業績拡大と増配が期待できそうだ。

 続いては、今年で連続増配13年目となるデューク・エナジー(ティッカーシンボル:DUK)。

 デューク・エナジーは、米国最大の電力会社。ガス事業や新エネルギーも展開していて、事業はさらに拡大中。米国はトランプ大統領による積極的な大規模減税の実施や、大規模インフラ投資が計画されている。そのため、内需は非常に堅調な状況が続いており、同社の業績も順調に拡大している。増配傾向が続いており、今後も増配が続く見通し。電力事業は非常に安定しているので、安心して持てる配当銘柄のひとつだ。

 さて、今回は米国株の注目すべき高配当株を2銘柄取り上げた。別冊付録「いま買いの『米国株』100」では、ほかに33銘柄の高配当株をピックアップしているので、誌面のほうも要チェックだ。
【※関連記事はこちら! 】【※関連記事はこちら! 】
⇒外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ! おすすめの証券会社はココだ! 

大特集は「人気の株500【激辛診断】2019秋」! 
ダイヤモンド・ザイ11月号をチェック! 
 ダイヤモンド・ザイ11月号の大特集は「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定!  人気の株500 【激辛診断】2019秋」。日本株の人気500銘柄+Jリートについて、アナリストなどのプロが「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価を下している。保有銘柄の診断結果を知りたい人や、今後の投資先を検討中の人におすすめだ。

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ11月号は、人気連載の特別編「定年退職までのロードマップ~『2019年財政検証』を検証! ~」「6つのリスクから読み解く 日本株の新投資戦略」「iDeCoで買う投資信託は“これ1本”でOK! 」「月3000円からできる『投資デビュー』大作戦」「【最新】上場全3739銘柄の理論株価」など、お得な情報が盛りだくさん。

 ダイヤモンド・ザイ11月号は、全国の書店や楽天ブックス・Amazonで好評発売中! 

ザイ編集部

最終更新:10/8(火) 14:20
ダイヤモンド・ザイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事