ここから本文です

レアルMFアザール、移籍後初ゴールの絶妙ループ弾に反響 「傑作」「最終的に危険」

10/7(月) 8:20配信

Football ZONE web

鳴り物入りで加入も結果を出せずにいたなか、グラナダ戦で待望のレアル初ゴールを記録

 レアル・マドリードのベルギー代表MFエデン・アザールは、現地時間5日のリーガ第8節グラナダ戦で待望の移籍後初ゴールを挙げ、4-2の勝利に貢献した。絶妙なループシュートでの得点を、海外メディアも「アザールは最終的に危険」「傑作」と称えている。

【動画】「傑作」と海外メディア称賛 レアルMFアザール、移籍後初ゴールの絶妙ループ弾

 2位グラナダを迎え撃った首位レアルは、前半2分にウェールズ代表FWギャレス・ベイルのアウトサイドでのアシストから元フランス代表FWカリム・ベンゼマのゴールで先制。1-0で試合は推移し、迎えた前半アディショナルタイムだった。

 ボール奪取したウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが球際を制して前線にパス。スペースに抜け出したアザールは背後から相手がタックルを狙ってくるなか、右足のチップキックを選択すると、綺麗な放物線を描いたシュートがゴールに吸い込まれた。

 夏に鳴り物入りで加入するも故障で出遅れ、ここまでノーゴールのアザールが待望の移籍後初得点をマーク。ベルギー全国紙「HLN」は、「スタジアム全体が笑顔:アザールが美しく得点」と見出しを打ち、「素晴らしいフィニッシュですべてのカメラが彼に焦点を当てた」「傑作」と称賛した。スペイン紙「AS」も「アザールは最終的に危険」とついに本領を発揮したことを伝えている。

 レアルにとって、アザールの復調は何よりも心強いだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/15(金) 13:04
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事