ここから本文です

レスターMF、サラー負傷の危険タックルで人種差別の標的に クラブ広報は怒りの声明

10/7(月) 7:20配信

Football ZONE web

グレナダとバングラデシュにルーツを持つチョードリーがサラーを負傷させ批判の標的に

 レスターのイングランド人MFハムザ・チョードリーが、現地時間5日のプレミアリーグ第8節リバプール戦(1-2)でエジプト代表FWモハメド・サラーに見舞った危険なタックルが波紋を呼んでいる。試合後にはリバプールのユルゲン・クロップ監督は「理解できない」と不満を露わにしていたが、SNS上ではグレナダとバングラデシュのルーツを持つチョードリーに対して人種差別用語が飛び交っているという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

【写真】クロップ監督憤慨→人種差別問題に発展…リバプールFWサラーが背後からチョードリーに危険なタックルを受けた瞬間

 試合はリバプールが前半40分にセネガル代表FWサディオ・マネが均衡を破るゴールで先制。後半35分にレスターがイングランド代表MFジェームズ・マディソンの得点で一度は同点に追いついたが、アディショナルタイムにリバプールのベテランMFジェームズ・ミルナーがPKを決め、2-1で劇的な勝利を飾った。

 しかし、リバプールは決勝弾が生まれる前にアクシデントに見舞われていた。エースのサラーが後半44分に右サイドからドリブル突破した際、背後からレスターMFチョードリーに足を刈り取るような激しいタックルを見舞われて負傷。左足を押さえて悶絶し、その後足を引きずりながらしばらくプレーを続けたが、後半アディショナルタイム2分にピッチを後にしていた。

 エースの交代を余儀なくされたクロップ監督は試合後、「あれはまったく理解できないチャレンジだ。ボールは完全に(サラーの足から)離れていた。私からすれば、出るカードの色は一つしか考えられない。非常に危険(なタックル)だ」とレッドカードではなく、イエローカードにとどまった判定に不満をもらしていた。

 しかし、批判はさらに拡大しているようで、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、「イングランドはいまだ人種差別主義:サラーへのファウルでチョードリーへの侮辱と脅迫」との見出しでレポート。イングランド出身のチョードリーは、カリブ海グレナダ出身の父とバングラデシュ出身の母を持ち、両国にルーツを持つがSNS上で人種差別に発展しているという。

「チョードリーはイングランドの人種差別の犠牲者。クロップをはじめ多くの人から批判を受けたファウルは、『猿』『動物』といった人種差別用語の対象になっている」

 記事によれば、所属するレスターの広報は「こういった(人種差別の)言葉にはうんざりしている。コメント主が可能な限り最も厳しく罰せられることを望む」とコメントしたという。

 危険なタックルだったとはいえ、チョードリーは思わぬ事態に見舞われている。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/7(月) 7:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事