ここから本文です

中島翔哉、FIFAランク183位“格下”モンゴルにも冷静 「そういう見方が好きじゃない」

10/7(月) 20:30配信

Football ZONE web

10日、ホームでカタールW杯アジア予選モンゴル戦に臨む

 日本代表MF中島翔哉(ポルト)が7日、合宿初日に合流した。この日からさいたま市内で10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)と15日に敵地で臨むタジキスタン戦に向けて練習を開始。国内組3人と海外組10人の計13人が参加し、練習終了後にMF久保建英(マジョルカ)が加わった。9月のミャンマー戦(2-0)で先制点を挙げ、W杯予選白星スタートに貢献した中島は、次なる相手のモンゴルでも冷静に戦うことを誓った。

【動画】ポルト中島、マーカー置き去りの切れ味鋭いエラシコ&移籍後初アシスト

 再び、負けられない戦いが始まる。モンゴルとのW杯予選を控えても、背番号10の中島は普段通り冷静に自身を見つめていた。この日は約30分で練習を終える軽めのメニュー。終了後にはMF原口元気(ハノーファー)やGK川島永嗣(ストラスブール)とともに自主練習に励んだ。

 カタールW杯に向けた予選2試合目。相手は日本のFIFAランク31位に対して、同183位という“格下”のため、ホームで迎える一戦は快勝が求められる。9月に戦ったミャンマーは同145位。15日に敵地で戦うタジキスタンは同115位とランキング3桁の相手が続く。絶対に負けられない一方で、精神的なコントロールが求められるが、中島は「ベスト」で戦うことを宣言した。

「相手のことを知ることは大事ですけど、(日本より)上か下かというのはあまり気にしていないというか、そういう見方が個人的には好きじゃないので、どんな相手でも常に自分の最高の状態を作って試合に臨めるようにしたいですし、自分のベストのパフォーマンスを出せるようにしたい」

W杯予選2試合連続ゴールで勝利に導けるか

 9月に初めて臨んだW杯予選のミャンマー戦。土砂降りの敵地で貴重な先制点を挙げて、チームを勝利に導いた。今回は絶対的エースのFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷のため未招集。そのなかで、MF南野拓実(ザルツブルク)やMF堂安律(PSV)らとともに森保ジャパン立ち上げ当初から2列目を守ってきた中島には、攻撃陣としてゴールが必要となる。

「もちろん出る選手によって違いはありますけど、それが良い悪いは関係ない。大迫選手だけじゃなく、自分もそうですし、代わりに出た選手で力のある選手はたくさんいる。特徴が違うのでもちろん違いは出ると思いますけど、それもサッカーの一つ」

 2試合連続ゴールにも期待が懸かる「10番」。埼玉のピッチでもその頼もしい姿は光輝くはずだ。

Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi

最終更新:10/7(月) 20:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事