ここから本文です

クロース、怪我でドイツ代表離脱決定。アルゼンチン&エストニア戦を欠場

10/7(月) 9:00配信

フットボールチャンネル

 ドイツサッカー協会(DFB)は6日、MFトニ・クロースが代表から離脱することを発表した。

 レアル・マドリーに所属するクロースは5日に行われたリーガエスパニョーラ第8節のグラナダ戦に出場するも、34分に負傷交代を余儀なくされた。その後の診断結果で左ももの内転筋を痛めたとクラブから発表されていた。
 
 なおクロースの代わりにシャルケに所属するMFスアト・セルダルが招集された。22歳のセルダルは各年代のドイツ代表としてプレー経験をもっている。今季はリーグ戦5試合に出場し3得点を挙げるなど売り出し中の若手だ。

 現在のドイツ代表はけが人が続出している。レロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)をはじめユリアン・ドラクスラー(PSG)やレオン・ゴレツカ(バイエルン・ミュンヘン)、ニコ・シュルツ(ボルシア・ドルトムント)など多くの主力級のプレーヤーが出場できない状況だ。

 そんななかで9日には親善試合でアルゼンチン代表と13日には敵地でEURO予選のエストニア代表との対戦が決まっている。セルダルと同じ今回が初召集となったナディーム・アミリや20歳のカイ・ハフェルツ(両選手ともレバークーゼン)といった若手の選手にとっては絶好のアピールの場となりそうだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/7(月) 9:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事