ここから本文です

中日・柳裕也投手の2ケタ勝利の意義【立浪和義の超野球論】

10/8(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

2年間の不振を乗り越え

9月27日現在で11勝を挙げ、チームの勝ち頭になった柳

 将来のエース候補と期待され、2017年のドラフト1位で入団した柳裕也選手。明大のエースとして通算23勝を挙げた右腕で、入団前から完成度の高い投手でした。プロでも即戦力と言われたのですが、背中の故障にも苦しみ、1年目は1勝しかできませんでした。

 彼については、2年目の18年4月10日ヤクルト戦(ナゴヤドーム)で完封勝利を飾った際に、このコラムで書いたことがあります。あの試合では、持ち前の球持ちがいいフォームから、打者の手元で伸びる真っすぐと、覚え立てだったチェンジアップをうまく使い、テンポよく打者を攻めていました。安定感もありましたし、「きっかけをつかんだかな」と思ったのですが、以後はまったく結果が出ずに終わってしまいました。

 球種が豊富、制球力もよい素晴らしい投手ですが、彼の課題は・・・ 本文:1,184文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/8(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る