ここから本文です

【DEEP JEWELS】RIZIN再出撃を目指す前澤智、富松恵美の挑戦退けたら同時2階級制覇も

10/8(火) 12:56配信

ゴング格闘技

2019年10月22日(火・祝)東京・後楽園ホール『DEEP JEWELS 26』で、富松恵美(パラエストラ松戸)の挑戦を受けての初防衛戦に臨むDEEP JEWELSアトム級王者・前澤智(リバーサルジム立川 ALPHA)。

【写真】打撃のスパーで右ストレートを放つ前澤

 前澤は中学から大学まで柔道を学び、寝技強化で始めたブラジリアン柔術がきっかけで総合格闘技の道へと進む。2012年にJEWELSでプロデビューすると連敗を喫したが、着実に力をつけてタイトルに近づき、2018年12月に黒部三奈を破り第6代DEEP JEWELSアトム級王座に就いた。今年3月には浅倉カンナとの勝負に挑んだが判定負け、7月の『RIZIN.17』に初参戦を果たすがROAD FC女子アトム級王者ハム・ソヒ(韓国)に初回TKO負けを喫して連敗に悔し涙を流した。

 今回は再起戦にして初防衛戦。ベテランの富松について前澤は「富松さんとは試合もしたし、練習もしたし、クインテットではチームも組ませて頂いたりで、普通の神経なら試合したくないって思うんでしょうけど、私は普通じゃないところを魅せたい。尊敬してるからこそ、殴って、投げて、極めます」と、親交があっても全く関係なく総合格闘技の“打・投・極”全てで勝負したいという。

「RIZINのチャンスもまた欲しい。そのための最低条件が防衛なので、まずベルトを守ること」と、悔しい思いをしたRIZINにもう一度出るためにもベルトは渡せないとする。

 さらには「防衛ができたら、そのベルトを持ったままミクロ級のベルトも獲れたらカッコいいなと思う」と、一階級下のミクロ級で同時2階級制覇を達成したいとの野望も。「ただ、そのためには減量しないといけないので、痩せさせてくださるパーソナルトレーナー募集します(笑)」と、その前に減量という大敵と戦わないといけないと笑った。

最終更新:10/8(火) 12:56
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事