ここから本文です

「かわいい」ってなんだろう:実験心理学の研究で分かったこと

10/8(火) 15:06配信

nippon.com

入戸野 宏

ファッションやキャラクターグッズと結びついた「かわいい」は、日本を代表するポップカルチャーとして脚光を浴びている。しかし「かわいい」とは何かを説明するのは難しい。この曖昧な感情を科学的に解明するため、筆者は10年以上研究を続けてきた。

「かわいい」を科学的な視点で研究

「かわいい」は、現代の日本人が最もよく使う言葉の一つである。動物や赤ちゃんだけでなく、服装やインテリア、お菓子などにも使われ、なんとなくウキウキ、楽しい感じがする。しかし、「かわいい」とは何か、「かわいい」と何が良いのかを説明するのは難しい。

「かわいい」に注目する日本の文化は、1970年代に若い女性から始まったとされる。当時は、どんな事物にも「かわいい!」と叫ぶ若者の語彙(ごい)力のなさを嘆く大人も多かった。しかし、その世代が社会人となり日本を支えるようになると、ファッションやキャラクターグッズと結びついた「かわいい」は、日本を代表するポップカルチャーとして脚光を浴びるようになった。アニメやゲームなどの登場人物に扮するコスプレのイベントが海外でも行われるようになると、日本の「かわいい」は世界の「kawaii」になったと言われた。

自国の文化が海外で好意的に受け止められていると聞くと、自尊心がくすぐられる。しかし、残念なことに「kawaii」という言葉は、世界中でそれほど知られているわけではない。さらに、「kawaii」は日本では「kawa-EE」と「E」を伸ばして発音することを知っている人はほとんどいない。一般的にはHawaii(ハワイ)と同じように「Kawai」と発音される。

「かわいい」とは何かを、海外の人にどう説明したらいいだろうか。「かわいい」と「cute」は同じなのだろうか。日本には、言葉を駆使して論理的に説明するという習慣があまりない。それよりも自分で見て聞いて体験して感じることを重視する。「かわいい」についても、いくつか例を見せて「なんとなく分かるでしょう」で済ませてしまうことが多い。しかし、もし「かわいい」を日本発のポップカルチャーとして世界に知ってもらいたいなら、「かわいい」をきちんと言葉で説明できた方がいい。

複雑な現象を解き明かし、多くの人に説明するためには、科学が役に立つ。実験心理学は、人間の心や行動の一般法則をデータに基づいて明らかにする科学である。私は10年ほど前から、「かわいい」について実験心理学に基づいた研究を行っている。その経緯については、近著『「かわいい」のちから:実験で探るその心理』(化学同人)で紹介した。「かわいい」についての文化論は多数出版されているが、科学的な視点から体系的に論じた本は世界でも初めてである。 

「かわいい」を対象の属性から明らかにしようとするとすぐに行き詰ってしまう。例外が多く見つかるからである。ある人にとってかわいいものが、別の人にとってはまったくかわいくないこともある。そこで発想を変えてみた。対象はさまざまであっても、かわいいと感じている人はおそらく似たような心理状態でいるだろう。そうでなければ、「かわいい」という言葉で意思疎通ができないからだ。かわいいと感じる心理に焦点を当てれば、実験心理学の視点からこのテーマに取り組めると考えた。

1/3ページ

最終更新:10/8(火) 15:06
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事