ここから本文です

【東京モーターショー】ダイハツは次世代の軽自動車SUVを含む4つのコンセプトモデルを展示

10/8(火) 13:30配信

Webモーターマガジン

世界初公開モデル4車種や市販車両を展示

2019年10月8日、ダイハツは10月24日に開幕となる東京モーターショー2019の出展概要を発表した。「IcoIco」や「TsumuTsumu」、「WaiWai」、「WakuWaku」といった世界初公開の車両を4台展示するという。

【写真】ダイハツの出展車をもっと見る

2019年10月24日に特別招待日、翌10月25日から一般公開される「東京モーターショー2019」で、ダイハツは「つどい ~みんなの暮らしをあたたかく~」をテーマとしたブースを展開する。市販車やコンセプトカーの展示だけでなく、塗り絵体験コーナーやキッズスペースを用意して、様々な世代で楽しめる空間づくりを目指すという。さらにブース外のコラボエリアでは、職業体験施設「キッザニア」とともに用意する、クルマを組み立てる仕事体験コンテンツを出展する。

さて、今回展示予定の車両の中にワールドプレミアとなるコンセプトモデルは4車種ある。それぞれ、生活や仕事の中での感情/シーンなどをイメージしたネーミングで、「TsumuTsumu」や「WakuWaku」といったように車両コンセプトを明確にした名称となっている。いずれのモデルも参考出品であり、必ずしも市販車両に繋がるわけではないという。

「IcoIco(イコイコ)」は、免許証を持っていない層でも利用できる完全自動運転の電気自動車で、旅行者から車イスでの利用も考慮した仕様となる。また、話しかけることで移動のお世話をしてくれるロボット「ニポテ」もセットだ。

積むを語源とする名称の「TsumuTsumu(ツムツム)」は、次世代型の軽トラックだ。荷台に長さを従来と同程度に保ちつつ、居住空間を広く、さらに乗降性を高める工夫がなされている。とくにエルゴドアという中折れ式のドアは注目。

もう2台、「WaiWai(ワイワイ)」と「WakuWaku」は趣味性を高める次世代モビリティとなる。前者はツインサンルーフの仕様とした開放的なミニバンで、アクティブなイメージを持つ。今回のコンセプトモデルのなかで唯一の小型車だ。

「WakuWaku(ワクワク)」は軽自動車SUV。居住空間のアレンジやルーフゲージの採用など、現代の車両にも転用できるような機能が多く盛り込まれている。近年人気の、クロカンのような骨太なエクステリアデザインも注目ポイントだ。

展示車両は世界初公開4モデルに加え、市販されている車両もいくつか用意されるという。

Webモーターマガジン

最終更新:10/8(火) 13:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事