ここから本文です

楽天優勝のジョコビッチはシャポバロフと対決で大会をスタート [男子テニス]

10/8(火) 19:00配信

テニスマガジンONLINE

 中国・上海で開催されている「ロレックス上海マスターズ」(ATP1000/10月6~13日/賞金総額832万2885ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、デニス・シャポバロフ(カナダ)がフランシス・ティアフォー(アメリカ)を6-4 6-2で倒し、2回戦に駒を進めた。彼はそこで、前年度覇者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦することになる。

ロレックス上海マスターズ2019|PHOTOアルバム

 最初のゲームは、最終的にティアフォーがサービスキープをする前に15分をも要した。しかしシャポバロフは結局ワンブレークを果たして第1セットをコントロール下に置き、第2セットではさらに2度ブレークして試合をものにした。

「あの試合の出だしは本当に重要だった。僕は最初のゲームからレベルを上げようとした」とシャポバロフは振り返った。

「第1ゲームが、彼のサービスに対してリズムを見つける助けになったと思う」

 世界ランク36位のシャポバロフはこれ以前に世界1位のジョコビッチと2度対戦しているが、そのいずれもが今年に入ってのことだ。オーストラリアン・オープンで彼は試合を4セットに持ち込んだが、ローマのマスターズでは4ゲームしか取れずに敗れていた。

「彼は僕を2度倒している。だから僕にとっては失うものなどない。僕はただコートに出て行って戦いを楽しむよ。僕は出て行って、そこで持てるすべてを出し尽くすつもりだ」とシャポバロフは意気込みを語った。

「厳しい戦いになるだろう。でも僕はいいプレースタイルを擁しており、彼を倒すチャンスはあると思う」

 カナダ国籍のシャポバロフはイスラエルで生まれ、現在バハマに住んでいる。彼はハリケーン・ドリアンが8月に島を荒廃させて以来、家に戻っていないと明かした。

「言うまでもなく、バハマに起こったことは本当に痛ましいことだ」と彼はコメントした。また彼は、自分の家はそれほど大きなダメージは受けなかったと言い添えた。

「何を島に与え返せるか、見てみようと思う」

 シャポバロフと同国のバセック・ポスピショル(カナダ)は1回戦で、第14シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を7-6(2) 6-2で下した。

 第10シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)はサム・クエリー(アメリカ)を6-4 6-2で倒した試合で、大した抵抗には遭遇しなかった。

 しかし次の試合は、そう簡単にはいかないかもしれない。フォニーニは2回戦で、臀部手術から回復して現在シングルスでの復帰に挑戦中のアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマレーは、この日のナイトマッチで予選を勝ち上がったフアン イグナシオ・ロンデロ(アルゼンチン)を2-6 6-2 6-3で下した。

 先週の楽天ジャパンオープン2回戦でチョン・ヒョン(韓国)に敗れて上海に移動したマリン・チリッチ(クロアチア)は、1回戦でアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)に4-6 4-6で敗れて早くも姿を消した。10本のサービスエースを決めたものの、一度もラモス ビノラスからブレークポイントを奪うことができなかった。(C)AP(テニスマガジン)

最終更新:10/8(火) 19:00
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事