ここから本文です

発症頻度第2位、実は「原因不明」とされていた「めまい」の正体

10/8(火) 10:01配信

現代ビジネス

----------
めまいがする病気といえば、有名なのは「メニエール病」だが、実は一番多いのは「良性発作性頭位めまい症」だ。そして2番目は…なんと、2017年の暮れまで「原因不明」だった病気がランクインする(※1)。原因も治療法もわからないまま、途方に暮れていた人が、あなたの傍にもいるはずだ。あるベテラン編集者が体験した事例と、「原因不明」の疾患を数多く診ている千葉大学医学部付属病院 総合診療科の生坂政臣教授へのインタビューを紹介する。(事例は、個人のプライバシー保護のため、本人が特定できないよう変更を加えています)
----------

女性編集者が猛反省…チツは放っておくとどんどん「劣化」する

突然ぐるぐると目が回って

 椅子から立ち上がろうとした瞬間、目の前がぐらりと傾いたように感じ、ベテラン編集者のN氏(男性・54歳)はデスクに手をついた。かろうじて転倒をまぬがれ、膝から床に崩れ落ちる。

 (立ちくらみか。このところ風邪気味で熱もあったのに無理したからだろうか)

 同僚たちが驚いて集まってきた。大騒ぎはしてほしくないので、急いで立ち上がろうとしたがダメだった。遊園地の回転するアトラクションのようにぐるぐると目が回る。あの手の乗り物は苦手だ。こみ上げる嘔吐をこらえ、横になる。

 「救急車を呼びました。しっかりしてください」

 搬送されたのは、会社の近くの総合病院だった。

 「前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)ですね。身体の傾きの感覚を脳に伝える前庭神経に異常が生じると、傾きの感覚がおかしくなり、めまいが起こります。どうして炎症が起きるのかはよくわかっていませんが、ウイルス感染や血管障害のせいではないかと言われています。けれど、はっきりとしたことは分かっていません。ただ、多くの場合、風邪を引いた数日後に起こるので、ウイルス感染や感染後の炎症と考えられています」

 聴力検査、温度眼振検査、頭位眼振検査、血液検査に加え、MRI検査も受けた後、医師からこう診断を聞かされた。

 「つらいめまいは明日か明後日ぐらいには治まるでしょう。その間は入院していただきます。退院後、1週間もすれば、めまいは大体消えますよ。でも、ふらつきやぐらぐらする感じは数ヵ月から1年以上、続くこともあります。リハビリも必要ですから、気長に治しましょう。しっかり治せば、再発はまずしません」

 ※1 めまい専門医療機関の統計

1/3ページ

最終更新:10/8(火) 13:40
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事