ここから本文です

【ラグビーW杯】日本の快進撃、NZの名手たちは驚かず 「本物の脅威」「彼らは強くなってきている」

10/8(火) 19:33配信

THE ANSWER

日本の快進撃をオールブラックスのスター達はどう見ている?

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、A組の日本は3連勝。勝ち点を14に伸ばし、A組の首位に立っている。13日のスコットランド戦(横浜)で決勝トーナメント進出をかけることになるが、準々決勝に進めばB組の上位2チームと対戦する。首位での突破が有力視される世界ランク1位のニュージーランドと激突する可能性もあるが、オールブラックスの主力選手たちも日本に対して警戒の目を向けているという。大会公式サイトが伝えている。

【動画】大音量推奨! ついに「ハカ」が東京初上陸、会場は静寂→どよめき…オールブラックスが演じた「カマテ」の実際の一部始終

 ロシアに快勝。アイルランドからは絶対的不利の下馬評を覆し、奇跡の逆転勝利。そしてサモアからは貴重なボーナスポイントを奪って、勝ち点5を獲得した。破竹の3連勝のジェイミー・ジャパンだが、オールブラックスの選手は決して驚いていない様子だ。

 記事では「日本の活躍に驚きを見せないのはフルバックのベン・スミスだ。彼は日本のジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウンがスーパーラグビーのハイランダーズでコーチをしていた際、指導を受けていた」と伝え、ジョセフHCと、ブラウンコーチに師事したこともあるFBスミスのコメントを伝えている。

「彼らは良く鍛えられており、彼らは抜け出して、良いラグビーを見せるだろう」と日本の練度の高さを、称賛している。

CTBグッドヒューはディフェンスに感銘「本物の脅威だ」

 また記事によると、CTBジャック・グッドヒューは、日本のディフェンスに感銘を受けたという。

「彼らのディフェンスはチームを支配している。テクニックは見事で、相手に大きな圧力を与える。ワールドカップにおける、本物の脅威だ」と賛辞を並べれば、PRアンガス・タアヴァオも「彼らは数年間で強くなってきている。長い間、質の高いラグビーを相手に、自身を試すことができていた」と日本に警戒の視線を送っている。

 さらにタオヴァオは「もし彼らと対戦するとなると、タフな試練だ」ともコメントしているという。

 3連覇を狙う世界王者も、ホスト国の快進撃を脅威に感じている様子だ。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/8(火) 19:33
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事