ここから本文です

道楽、ここに極まり! 賞金100万円をばらまく「地球で鬼ごっこ」とは!?

10/8(火) 15:30配信

HARBOR BUSINESS Online

世界を舞台に「見つけたら100万円」!?

 見つけたら100万円がもらえる“遊び”に夢中で興じる起業家がいる。フィンテック事業で莫大な資産を築き、現在は国際的プロジェクトをいくつも抱えながら世界を飛び回る「佐々木君」こと佐々木健二氏だ。

⇒【画像】パンダの着ぐるみを50体用意して屋形船をジャック

「僕はふざけた遊びが大好きなんです。これまで巨大ウォータースライダーを買って建てて、ローションを2トン流して滑ったり。パンダの着ぐるみを50人分用意して大阪で踊ったり。『真剣に遊ぶ』が僕のモットーで、とことんやらないと気がすまないんです」

 そう語る佐々木君だが、過去の写真をみるとたしかにかなり“ふざけて”いる。たとえば、あるときは特注したパンダの着ぐるみを50体用意して屋形船をジャックしたこともある。

 そんな佐々木君が今回始めたのが、冒頭で触れた「地球で鬼ごっこ」という企画。世界中を旅する佐々木君を発見し、見事捕捉したら最大200万円の賞金が出るという、なんとも太っ腹な企画なのだ。

居場所のヒントはインスタで発信。フォロワーも急増

「自分は今、韓国にいるのですが、少し前までは新宿にいました。その2~3日前はバルセロナ、イタリア、トルコ……こんな風に、数日単位で世界を転々としています。

 居場所のヒントは、インスタグラムで発信しています。ほぼ毎日、なにかしら更新しています。そこから推測して、僕を見つけてほしい。捕まえることができた人には、海外の場合は100万円。国内の場合は50万円を贈呈します。“ダブルアップ”もありで、その場でじゃんけんに買ったら倍の賞金をお支払いしますよ」

 前代未聞の試みだが、ネットでは早くも大反響。「地球で鬼ごっこ」のインスタグラムは開始からわずか数か月でフォロワーが2万8000人を突破。そして、すでに7組の“捕獲者”がでている。

「世界を相手にビジネスできる人材を育てたい」

 佐々木君が「地球で鬼ごっこ」に私財を投じるには、彼なりの考えがある。その真意はこうだ。

「実を言うと、若者やバックパッカーを応援したいって気持ちがあるんです。海外で見つけた場合の賞金のほうが高いのはそのため。自分もバックパッカーをやりながら世界放浪した経験があるので身に沁みているんですが、100万円あれば、いろんなことができますからね。

 世界で挑戦する日本人が増えてほしい。特にこれからの若い世代にそういう人がでてきてほしい。『地球で鬼ごっこ』はその一助になったら嬉しいって気持ちと、自分がドキドキしたい気持ちが半々です(笑)。旅先でいきなり目が合って鬼ごっこが始まるの、めっちゃ興奮するんですよ」

 フライトスケジュールや立ち寄りそうな飲食店など、佐々木君はかなり無防備にインスタグラムで晒している。先回りして捕獲、が攻略の糸口になりそうだ。

「空港やお店で捕まることが多いですね。発見したら『見―つけたっ!』って言って、優しく捕まえてください(笑)。ガチで逃げますので、お互い楽しみましょう」

 まさに究極の道楽。現在地は日々アップデートされるので、気になる人は「地球で鬼ごっこ」のインスタグラムを、ぜひチェックされたい。

佐々木君:80年、大阪生まれ。旅する起業家&エンジェル投資家として世界を放浪。出没情報はインスタグラムsasaki.onigokkoで公開中

<取材・文/HBO編集部>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:10/8(火) 21:39
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事